【現地レポート】パリ同時多発テロ事件――EURO2016開催に向けて募る不安

カテゴリ:ワールド

増田有

2015年11月14日

スタジアム内に大きな爆発音が二度響く…。

フランス対ドイツの試合中、スタッド・ドゥ・フランス近隣の飲食店で2人のテロリストによる自爆テロが発生した。(C)Getty Images

画像を見る

 11月13日、パリ近郊サンドニのスタッド・ドゥ・フランスで開催されたフランス対ドイツの親善試合は、2-0でホームチームが勝利した。
 
 前半終了間際のオリビエ・ジルーによる先制点、そのジルーに代わって途中出場したアンドレ=ピエール・ジニャクの86分のゴールにより、EURO2016開催国がブラジル・ワールドカップ王者との一戦を制した。
 
 しかし、この夜スタジアムに詰め掛けたレ・ブルーのサポーターに、チームの勝利を祝う雰囲気はまったくなかった。スタジアムの外側で、思いもよらぬ事件が起きていたからだ。
 
 前半16分と19分、スタジアム内に大きな爆発音が二度響く。当初、原因は不明とされたが、スタジアム近隣の飲食店で2人のテロリストによる“自爆攻撃”があったことが、やがて判明する。
 
 さらに、時を同じくしてパリ中心部の複数の飲食店でも銃撃事件が発生。有名コンサートホールの『バタクラン劇場』では、武装したテロリストが大勢の観客を人質に立て篭もり、多数の死者が出たという情報が駆け巡った。
 
 この事態を受けて、スタッド・ドゥ・フランスで試合を観戦中だったフランソワ・オランド大統領はすぐに会場を抜け出した。そして大統領府で緊急記者会見に臨むと、国家非常事態宣言と国境の封鎖を発表したのだ。
 
 テロ当日に犯行声明はなかったが、翌日になってイスラム過激派テロ組織『IS』がインターネット上に犯行声明を投稿。「爆発物のベルトを身に着け、アサルトライフルを持った8人の兄弟たちが、十字軍フランスに聖なる攻撃をした」などと綴った。
 
 もともと、当初からオランド大統領をはじめとする政府首脳は『IS』による犯行と断定していた。当局はフランス軍が今年9月から開始したシリア空爆への報復との見方を強めている。

試合後、観客は安全確認ができるまでスタジアム内で足止め。一時的にピッチに避難した。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ