• トップ
  • ニュース一覧
  • 元日本代表MF、橋本英郎が現役を引退。J1から地域リーグまで7クラブを渡り歩いた25年のプロキャリアに幕

元日本代表MF、橋本英郎が現役を引退。J1から地域リーグまで7クラブを渡り歩いた25年のプロキャリアに幕

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年01月19日

ガンバ黄金期を支えた生粋の“理論派”

43歳でスパイクを脱いだ橋本英郎。あらゆるカテゴリーでプレーした。(C)Getty Images

画像を見る

 元日本代表MFの橋本英郎が、現役引退を決意した。かつてガンバ大阪の黄金期を支えたクレバーボランチが、43歳でスパイクを脱ぐ。

 1979年5月21日生まれで、大阪府大阪市出身の橋本。G大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格を果たすと、練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨する。J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の最盛期で奮迅の働きを示した。

 G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレー。2019年からはJFLのFC今治に籍を置き、入団1年目で見事チームをJ3昇格に導く立役者のひとりとなった。2021年5月2日の第7節のテゲバジャーロ宮崎戦では、J3最年長得点記録(41歳と11か月11日)を更新し、これはいまだ破られていない。2022年シーズンは関西リーグ1部のおこしやす京都ACに籍を置いてJFL昇格を目ざしたが、ミッションは果たせずにシーズンを終えていた。
 
 日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場した。大阪府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、Jリーガーとの二足の草鞋で卒業した秀才で、その頭脳明晰ぶりは試合後のコメントにも如実に現れる。とりわけオシムジャパンでは練習や試合後には、理路整然と分析する知性派MFの元に報道陣が押し寄せる“橋本詣で”が定番となった。当サイトでも自身の言葉で綴るコラム「現役の眼」が好評を博している。

 Jリーグ通算497試合出場・22得点(うちJ1は339試合出場・19得点)。引退発表会見はこのあと15時から開催される予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】2005年12月3日、ガンバ大阪が初のJ1制覇を決めた“伝説の等々力”をプレイバック!

【動画】橋本英郎が語る「日本代表の未来」! 4年後のW杯で注目すべきタレントは?
【関連記事】
元日本代表、橋本英郎が選ぶ“日本サッカー10人の天才”!「小野、俊輔、久保の真のスゴさは…」
橋本英郎が選ぶJ歴代ベスト11「対戦したから分かる“衝撃を受けた11人”! すべてで圧倒されたのは…」
ガンバ悲願のJ1初制覇──。夕暮れの等々力で、橋本英郎の言葉に涙した【取材記2005】
「遠藤は唯一無二の存在になれる」元日本代表MFがカタールW杯を戦った日本代表全26選手を5段階評価!「ただひとりの“S”は…」
「三笘にポジティブな新しい発見!」元日本代表、橋本英郎がスペイン戦出場の森保ジャパン全16選手を独自採点!「鎌田の活きるポイントが…」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ