• トップ
  • ニュース一覧
  • 部活動停止に大雪と不運に見舞われた徳島市立。初戦敗退の現実にも確かな“学び”を得た【選手権】

部活動停止に大雪と不運に見舞われた徳島市立。初戦敗退の現実にも確かな“学び”を得た【選手権】

カテゴリ:日本代表

森田将義

2022年12月30日

後半に運動量が落ちて尚志に0-3の黒星

初戦を前に円陣を組む徳島市立イレブン。写真:浦正弘

画像を見る

[高校選手権1回戦]尚志 3-0 徳島市立/12月29日(木)/ニッパツ三ツ沢球技場

 選手権本大会でベスト8まで進んだのが、2019年度大会。当時の徳島市立は自陣で守備ブロックを固めて、カウンターからゴールを目ざす堅守速攻のチームだったが、さらなる進化を期して翌年からはより攻撃的なチーム作りを進めてきた。

 相手陣内での時間を増やすため、守備はなるべく高い位置でボールを奪いに行く。自分たちの時間を増やすため、昨季からはパスを繋ぐトレーニングにも時間を割いてきた。スタメンを組むので精一杯だった選手層も厚くなり、後半に選手を入れ替えてもガクっとチーム力が落ちることもない。「春先までは本当に状態が良かったので、このまま行くんじゃないかと思っていた」。そう振り返るのは、河野博幸監督だ。

 だが、ひとつ目のターゲットにしていた地元開催のインターハイは、予選の時期に守備の要であるDF稲川陽友(3年)、MF柴田侑茉(3年)など主力に怪我人が相次ぎ、ベストメンバーが組めなかった結果、全国大会の初戦で敗れた。

 選手権予選では彼らが復帰したが、思うようにコンディションが上がらない。追い打ちをかけるように12月半ばに入ると、校内で体調不良者が増え、部活動の停止を余儀なくされる。大会直前に組んでいた米子北との練習試合も、徳島を見舞った記録的な大雪で中止となり、まともな調整ができないまま、尚志との初戦に臨むこととなった。
 
 河野監督が「ずっと試合をしていなかったので、スピード感に慣れるためにも最初はやられないように意識させた。スペースを埋めて、奪った時にどうカウンターに出るかを狙っていた」と試合後に語った通り、序盤は試合勘を取り戻すので精一杯。前半を無失点で折り返そうと考えていたが、開始11分にサイドからのクロスのこぼれ球をFW網代陽勇(2年)に押し込まれた。「自分たちが狙っていた形のゲームに持っていけなかったのが痛かった」と、MF織田大翔(3年)は口にする。

 それでも、前半23分には前向きでボールを奪ったDF花房玲遠(3年)から前線のFW秋月大和(3年)に展開し、ポストプレーからFW林秀太(3年)がシュート。以降も、良い形でボールを奪って攻撃に持ち込む場面が続き、これまでの成果が随所で見られたが、1点が奪えない。

 運動量が落ちた後半は2失点を喫し、最終スコアは0-3。河野監督は選手を称えながらも、「前で奪えてはいたけど、精度が悪かった。撃ち合いをしようと思ったら、局面の精度とか個の力の差が出てしまう。そこら辺がちょっと甘かったと感じました」と話した。
【関連記事】
国見が12年ぶり復帰の初戦をPK戦突破! 前橋育英、履正社、米子北、日大藤沢など強豪が続々と2回戦へ名乗り!【選手権1回戦】
「VARあったらって」「かわいそうだな」日章学園2年生FWの一撃はラインを割っていたのか?“幻のゴール”に様々な意見【選手権】
「今までいないんじゃないですか。唯一無二」中村俊輔が絶賛した選手権の注目選手は? 「198センチあって足下も上手い」
【高校サッカー勢力図】あなたの出身地は何位? 2022選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング! 東京を抜いて1位となったのは…
かつて市立船橋を率いた智将が檜舞台に帰還! 初戦敗退で痛感した履正社とのふたつの“違い”【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ