• トップ
  • ニュース一覧
  • 「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」【2022総集編】

「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」【2022総集編】

カテゴリ:日本代表

リカルド・セティオン

2022年12月25日

「絶対に勝たなければいけないタイトルの懸かった試合ではない」

セレソンの韓国戦(下)と日本戦(上)をブラジル人記者はどう見た?(C)Getty Images

画像を見る

 今年も残すところあと7日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、セレソンと戦った日本と韓国の違いを、ブラジル人記者が率直に綴った関する記事を再掲する。

記事初掲載:2022年6月10日

―――◆――◆―――


 今回のブラジル代表のアジア遠征は、前半と後半で大きく色合いが違っていた。ソウルでの明るく、軽妙で、スピーディーでゴールの多い前半。そして東京での寒く、重く苦しく、痛みの伴う後半……。

 韓国は立ち上がりすぐに失点したものの、前半はほぼブラジルと互角に戦っていた。ただし41分にネイマールにPKを入れられた時から、急に緊張が解けたかのように崩れてしまい、最終的は1-5という結果になった。

 ただ、私の感想としては、そこまで大敗する内容のチームではなかったと思う。韓国の唯一の得点、ファン・ウィジョのゴールはゴラッソだった。パウロ・ベント監督がポルトガル人だからかではないだろうが、“ポルトガル風”のゴールだった。

 一方、日本は全員守備と度重なる危険なファウルで、ブラジルを抑え続けた。大量失点はしなかったが、得点も生まれなかった。枠内シュートは1本もない。いくらゴールを守っても、シュートを決めなければサッカーでは永遠に勝つことはできない。

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本0ー1ブラジル|粘り強い守備でブラジルに善戦するも…ネイマールの一発で惜敗!
 
 韓国は勇敢に戦い、劣勢でも10人で守ることもなければ、決して暴力的なファウルは使わなかった。そのため、ブラジルに好きなようにされ、失点を重ねたが、この試合はそれでも構わなかった。

 これは絶対に勝たなければいけないタイトルの懸かった試合ではない。かといって、ただの興行的な親善試合でもない。ワールドカップを見据えての試合だ。この時期の代表戦にはある重要な意味合いを持つ。W杯に向けての自国の問題を炙り出すためのもの、学びの場所だ。勝敗は関係ない。

 韓国はそれを探って大敗した。日本はそれをカモフラージュして1失点に抑えた。

 どちらが得るものが多かったか?
 
 それは明白だろう。

 韓国のベント監督は、この試合の意味を十分に理解していた。試合後に「我々は正々堂々とぶつかり、敗れた。ただし多くを学んだ。これでワールドカップに向かっていける」とコメントしている。

 ちなみにブラジルもこの遠征で学ぶことがあった。出発前にはアジアツアーなど意味がないと言っていたメディアが多かった。私も少なからずそう思っていた。しかしそれは違った。ブラジルはこの2試合で時には4人のアタッカーを使うことも可能だということを学んだ。

 日本だけが、臆病なプレーをしてW杯に向けて用意する大事なチャンスを失った。カタールでドイツやスペインを相手にしなければいけない日本にとって、このブラジル戦は多くのことを学べたはずだ。しかしただブラジルの創造性をつぶすことで、そうしたチームに対峙する学びを自ら放棄してしまった。その責任の多くは森保(一)監督にあると思う。

 全員で守らなくて行けないのは中盤で止められないからだ。それを危険なファウルで止めようとするのはあまりにもアイデアが乏しすぎる。この試合ではたとえ負けてもいいから、それをどうしたらいいのかを探るべきだった。負けることで学ぶこともある。

 日本の皆さんには申し訳ないが、今回のブラジルとの対戦は韓国のほうが一枚上手だった。

文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

【画像】田中碧の激しいプレスにネイマールのショーツが脱げる!反響を呼んでいる“下着丸見え”シーン

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「同じ16強でなぜ日本が9位、韓国が16位なのか」韓メディアの報道を母国ファンが非難!「日本の方がはるかに上」「実力の差を認めないと」【W杯】
「日本では無理だ」韓国で観光を満喫するブラジル代表、母国メディアが指摘した“日韓の違い”とは?
「日本や韓国の影さえ見えない。差が大きすぎる」中国代表DFが日韓との格差に本音!「人々は認めたくないかもしれないが…」
“無名からW杯で目覚ましい活躍を見せた11人”を海外大手メディアが選出!森保Jから選ばれたのは?「日本が歴史をつくる助けとなった」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ