• トップ
  • ニュース一覧
  • 敗退後に退任したベルギー指揮官がアザールを語る!「考える時間がありすぎた」 「望んでいるのはマドリーのファンへ…」【W杯】

敗退後に退任したベルギー指揮官がアザールを語る!「考える時間がありすぎた」 「望んでいるのはマドリーのファンへ…」【W杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年12月16日

アザールも同じタイミングでベルギー代表を去る

ベルギー代表におけるマルティネス監督(左)&アザール(右)のコンビは、カタールW杯で見納めとなった。(C)Getty Images

画像を見る

 カタール・ワールドカップ(W杯)敗退後、ベルギー代表監督からの退任を発表したロベルト・マルティネスが、同代表を長年牽引したエデン・アザールについて語った。スペイン紙『AS』が報じている。

 アザールはチェルシーで圧倒的な活躍を続け、前回のロシアW杯ではベルギーを過去最高の3位に導いた。しかし、2019年夏にレアル・マドリーに移籍して以降は、度重なる怪我に悩まされ、稼働率が著しく低下。クラブではほとんど戦力になっておらず、カタールW杯のメンバー入りを疑問視する声も上がった。

 それでも、マルティネス監督の信頼は厚く、キャプテンマークを巻き、自身3度目のW杯を戦ったアザールだが、ほとんどインパクトを残せず。グループステージで終戦を迎えた後、指揮官と同じタイミングで代表を離れると宣言した。

 マルティネスは「彼が望んでいるのは、マドリーのファンへ自分のベストバージョンを提供することだ」と愛弟子の思いを代弁し、代表招集に関する自身の信念もこう伝えた。
 
「エデンにとって、この2年間がクラブレベルでどれだけ難しいものだったかは知っている。彼は考える時間がありすぎて、とても大変だったが、100%の努力をして、クラブで成功したいと思っている。毎週末プレーしていない選手には、常に雑音や疑念がつきまとうので簡単ではない。

 とはいえ彼は背番号10を別の次元に引き上げたユニークな選手だ。私たちの間で代表チームに入るべきかどうかという議論はなかった」

 また、カナダとの初戦後に報じられたチーム内の不和にも言及。具体的なソースまで挙げ、報道を完全に否定した。

「悪い雰囲気? 完全に嘘だ。非常に強力で献身的なグループだからね。フランスのメディアが、事実でないのに争ったという誤った報道をし、それが(次の)モロッコ戦の敗戦でさらに大きくなった」

 6年指揮を執ったマルティネスは去り、アザールにケビン・デ・ブライネ、ロメル・ルカク、ティボー・クルトワらを加えた黄金世代はベテランの域に。新たなサイクルに突入したベルギーは、これからの4年でどのような変化を見せるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】ベッカム、ロナウド、スナイデル…豪華な面々が勢揃い!カタールを訪れた各国の歴代レジェンドを一挙紹介

【PHOTO】第1回大会は1930年!FIFAワールドカップ歴代優勝国を紹介!(1930~2018)

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
「素晴らしい手腕」“招集されなかった”鹿島の鈴木優磨が森保監督を賞賛! 敗れたクロアチアに感じた「日本人にはないもの」とは?【W杯】
【4年後の日本代表“理想イレブン”】森保監督続投なら大きな変更はなさそう。板倉にはモチベーターとしての役割を期待したい
「『感動をありがとう』はもう古いかな」元日本代表が森保Jへの“手放し賞賛ムード”に違和感。「もっとやってくれると思ってたんで…」【W杯】
「正直、この1年で相当落ちた」鹿島FW鈴木優磨、W杯敗退で涙した“大好きな”C・ロナウドに言及「プレミアに行くとごまかしが利かない」
海外メディアがW杯の「アジア・ベスト5」に森保ジャパンから3人選出!堂安、三笘、浅野らを抑えて選ばれたのは?【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ