• トップ
  • ニュース一覧
  • 【4年後の日本代表“理想イレブン”】森保監督続投なら大きな変更はなさそう。板倉にはモチベーターとしての役割を期待したい

【4年後の日本代表“理想イレブン”】森保監督続投なら大きな変更はなさそう。板倉にはモチベーターとしての役割を期待したい

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2022年12月16日

ベテランを頼りにするのはリスクがあるが…

スポーツライターの清水氏に訊いた4年後の日本代表“理想イレブン”。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表はカタール・ワールドカップで2大会連続のベスト16敗退に終わった。ここから再び、4年後の大舞台に向けて熾烈なメンバー争いが繰り広げられていくが、次のW杯までにA代表へ定着しそうな選手は誰か。サッカーライターの清水英斗氏に、2026年W杯に臨む日本代表の“理想イレブン”を訊いた。

―――◆―――◆―――

 カタールW杯の主力メンバーは前回のロシア大会とは異なり、東京五輪世代などの若い選手が多かった。次の大会までの期間は3年半と若干短め、さらに森保一監督の続投濃厚の状況を踏まえても、ロシア→カタールほどには選手の入れ替えは進まないのではないか。というわけで、今大会からあまり変更はない。

 とはいえ、次回大会で35歳を超える吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹。さらに川島永嗣に至っては40歳を超えてくるわけで、彼らのポジションには新しい選手が必要になる。3年半後も吉田や酒井は、ならではのプレーをしそうだが、主軸で試合に出続けるのは身体的に厳しい。頼りにするのはリスクがある。
 
 現時点でベテランたちの代替として、パフォーマンス的に不安のあるポジションはないだろう。酒井の右SBは、今大会のメンバーに入ってもおかしくなかった菅原由勢が第一候補だ。怪我で招集辞退となった中山雄太を含め、選手はある程度揃っている。

 むしろ不安が残るのは、チームマネジメントのほうだ。

 ドイツ戦やスペイン戦で久保建英が前半のみで交代を告げられるなど、若手が不貞腐れそうになるタイミングが訪れた瞬間、長友や川島らがサッと声をかけてチームに引き戻す。全体が一体感を持ち続けるうえで、年長者たちの兄貴ぶりは縁の下の力持ちだった。

 逆に今の主軸の世代は、久保や鎌田大地を筆頭に、淡々と冷静なロジカルタイプが多い。それは良い面もあるが、短期決戦に向けて感情と一体感を爆発させようとした時、ブラボー長友の役割を担える選手が少ない。次のW杯はパフォーマンスよりも、モチベ―ティングが気になる。

 その意味で期待したいのは、板倉滉だ。どっしり構える存在感と、人懐っこさ、明るさを持っている。町野修斗もまだ成長の必要はあるが、「マチ!」とみんなに親しまれるキャラクターがチームを盛り上げていた。次も競争に勝ち残ってほしい選手たちだ。
 
【関連記事】
【4年後の日本代表“理想イレブン”】鎌田はボランチがベスト。相棒はポテンシャルが随一の藤田。“左SB”相馬も面白い
【4年後の日本代表“理想イレブン”】新時代に相応しい守護神誕生に期待! 1トップなら高さのある原大智は重要なオプションに
【4年後の日本代表“理想イレブン”】最前線は万能型FW町野が筆頭候補。鎌田、堂安の前向きなメンタルに期待
「すごい!とうとう公認の美女サポに」W杯で話題の女性サポーター、森保監督との2ショット公開で反響!「日本サッカー全ての世代の勝利の女神になって」
「かなり黒子に徹してた、素晴らしい」本田圭佑が賞賛した日本代表戦士は?「クローズアップしてもらいたい」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ