• トップ
  • ニュース一覧
  • 「『感動をありがとう』はもう古いかな」元日本代表が森保Jへの“手放し賞賛ムード”に違和感。「もっとやってくれると思ってたんで…」【W杯】

「『感動をありがとう』はもう古いかな」元日本代表が森保Jへの“手放し賞賛ムード”に違和感。「もっとやってくれると思ってたんで…」【W杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年12月16日

「ベスト8が最低ラインかなと」

グループステージで強豪2か国を撃破するも、ベスト16で涙をのんだ森保ジャパン。(C) Getty Images

画像を見る

 元日本代表DFの内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』に、元日本代表FWの金崎夢生が出演。カタール・ワールドカップでの森保ジャパンの戦いぶりについて語った。

 内田氏が指導者ライセンス取得のため不在で、鹿島アントラーズ時代に同僚だった鈴木優磨とともに番組を進めた金崎は、「僕は(森保監督が目標に掲げていた)ベスト8が最低ライン、前回(のベスト16)より上に行くのが最低目標かなと思っていた」と本音を明かした。

 それだけに、手放しで賞賛する風潮には、違和感を感じる部分もあるようだ。

「実際、いま戻ってきて、『代表素晴らしい』『感動をありがとう』って感じで言っているんですけど、僕はそんなふうには思いませんでした。それももう古いかな。昔だったら、『感動をありがとう』みたいによくやっていたけど、(7大会連続のワールドカップ出場を果たし)そういう時代でもないかな。そういうのはもういいかなと個人的には思います」
 
 厳しい言葉は、森保ジャパンに期待してからこそでもある。

「すごく期待してたし、もっとやってくれると思ってたんで…。もっとやってほしかったな。(クロアチアに敗れたラウンド16の)試合を見たら、チャンスはあるなと思いましたし」

 ドイツ、スペインを破ってのベスト16進出も、クロアチアにPK戦の末に敗れて、目標のベスト8にはあと一歩届かず――。どう評価するかは人によって様々で、それは事前の期待値によっても変わってくるだろう。

 かつて日本代表のユニホームを纏った33歳は、ベスト8に進む力はあっただけに、物足りない結果に終わったと感じているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
「本当にレベルの低い話」本田圭佑が日本代表への“手のひら返し”に持論!「本質を見る目を養わないと」【W杯】
「素晴らしい手腕」“招集されなかった”鹿島の鈴木優磨が森保監督を賞賛! 敗れたクロアチアに感じた「日本人にはないもの」とは?【W杯】
「日本、アホちゃうか」本田圭佑、WBCのサッカー熱への影響に関する問いにバッサリ!「なんでレベルの低い話をしなきゃいけないのか」
【4年後の日本代表“理想イレブン”】最前線は万能型FW町野が筆頭候補。鎌田、堂安の前向きなメンタルに期待
「すごい!とうとう公認の美女サポに」W杯で話題の女性サポーター、森保監督との2ショット公開で反響!「日本サッカー全ての世代の勝利の女神になって」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ