英国人記者が見た「“喋らない”モウリーニョ」。”少年との衝突事件”とその余波

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2015年10月30日

彼はほとんどの質問に「イエス」か「ノー」だけで受け答えした。

ウイットに富んだトークで楽しませてくるモウリーニョも、”少年との衝突事件”が報じられた後の公式会見では不機嫌さを隠さなかった。

画像を見る

 プレミアリーグ所属のチェルシーは、サリー州コブハムにある練習場でプレスカンファレンスを行なう。木曜日の夜、メディアはクラブから翌日のプレスカンファレンスの時間を知らせるメールを受け取り、金曜日の自分の予定をスケジューリングするのが習慣となっている。
 
 田舎町のコブハムは鉄道の駅こそあるが、列車はロンドンのウォータールー駅から30分に1本しか運行しておらず、正直アクセスは良くない。

 ただし、コブハムはとても裕福な地域だ。駅のプラットホームを出ると目の前が練習グラウンドになっているのだが、高級車で乗り付けたファンたちがスター選手たちの姿を一目見ようといつも人だかりができている。しかし、そこには「選手たちはサインのためには立ち止まりません」と注意書きの看板が立てられている。

 プレスカンファレンスのエリアに到着すると、我々をお茶かコーヒー、そしてビスケットとともに、係のブライアンが出迎えてくれる。それは非常にありがたく、彼のビスケットの品揃えも非常に良い。

 それはさておき、チェルシーのプレスカンファレンスには出席の価値がある。ウィットに富んだ監督のモウリーニョが喋るからで、内容もたいてい面白い。ただ、10節・ウェストハム戦の前日会見は残念ながらそうではなかった。
 
 モウリーニョはチェルシーのコミュケーション部門の責任者であるアトキンスと共にやってくる。アトキンスが会見のマネジメントを行なうのだが、この日は部屋に入って来たモウリーニョの表情を見ただけで、彼が不機嫌なのが見て取れた。彼はほとんどの質問に「イエス」か「ノー」だけで受け答えし、あるジャーナリストの質問に対しても「君は私から、見出しに打ち出せるような面白い答は得られないよ」と返した。

チェルシーの練習場の入口には「選手たちはサインのためには立ち止まりません」との看板が立てられている。

画像を見る

【関連記事】
英国人記者が見た「バスク・ダービー」。その特殊性とスペインのサッカー文化について
英国人記者が見た「ラグビーW杯vsフットボール」。イングランドに「フットボール記事」を、ベイルに歓喜をもたらした衝撃の夜
大不振のチェルシー 「モウリーニョ3年目の鬼門」という落とし穴
【ワールドサッカー注目コメント集】モウリーニョが物議を醸すメディア批判。再び論争を巻き起こす! 
【今だから言える15年夏の超極秘話②】補強失敗を受けてモウリーニョとアブラモビッチの間にヒビが?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ