“温存”の予想もあるが…遠藤航はコスタリカ戦に向け「夢の舞台だけに常にプレーしたい」【W杯】

カテゴリ:日本代表

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2022年11月27日

「ドイツ戦と同じくタフな試合になる」

コスタリカ戦の前日公式会見に出席した遠藤。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 カタールW杯のメインメディアセンターで現地時間11月26日、日本代表MFの遠藤航が森保一監督とともに翌日のコスタリカ戦に向けた前日公式会見に出席した。
 
 脳震盪からの復帰直後ながら11月23日のドイツ戦にフル出場し、歴史的な勝利に貢献した遠藤。コスタリカ戦に向けても「非常に大事な試合。ドイツ戦と同じくタフな試合になると思いますが、選手一丸となって頑張っていきたい」と意気込んだ。
 
 日本がドイツに勝ち、コスタリカがスペインに大敗した後に迎えるグループリーグ第2戦。その状況に関しては次のように語った。
 
「まだ何も決まっていないという気持ちです。ドイツ戦の結果に関わらず、この第2戦は大事だと思っていました。相手は後がないのでガムシャラに戦ってくるだろうし、日本もまだグループリーグ突破が決まっているわけではないので気を引き締めたい。僕は守備的なポジションなので、前線の速い選手たちを警戒したい。しっかり守りたい」
 W杯直前の試合中に脳震盪のアクシデントに遭ったが、コンディションは上向き。「脳震盪は問題ない。ドイツ戦は久しぶりの試合だったが、コンディションも個人的な感覚は前の試合よりも良い」とコメントした。
 
 さらに、東京オリンピックは中2日で試合があったが、カタールW杯のグループリーグも中3日での試合。遠藤はこのオリンピックでフル稼働が祟って大会終盤にやや息切れしたうえ、脳震盪から回復直後だけに、コスタリカ戦では温存も予想されているが、遠藤はやはり出場に前向きな姿勢を見せた。
 
「もちろん中2日と中3日で違いはあるが、W杯特有の緊張感がある。個人的には、子供の頃からの夢だった舞台で常にプレーしたいという気持ちがある。オリンピック同様に起用される限り戦い続けていきたい」
 
 はたして遠藤は、コスタリカ戦でもスタメンに名を連ねるのか。森保監督の采配に注目だ。
 
取材・文●白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)


【PHOTO】カタールW杯を華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!
【関連記事】
森保一監督が語ったコスタリカの印象。選手起用は「1試合目の疲労を考えて」と入れ替え示唆【W杯】
コスタリカ戦の鍵を握る“暑さ”。日本代表は「クーラーと日射しのバランスが不明」、「消耗を避けたい」と警戒強める
「日本が上だった。後半の戦術は完璧」なぜドイツは森保Jに敗れたのか。元独代表主将マテウスに直撃!印象に残った選手は?[現地発]【W杯】
森保ジャパンに早くも決勝トーナメント進出確定の可能性!コスタリカに勝利しても決まらないケースとは?【W杯E組】
「引かずにアグレッシブにくると思う」本田圭佑がコスタリカ戦を展望!「こわいのは…」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ