• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本が上だった。後半の戦術は完璧」なぜドイツは森保Jに敗れたのか。元独代表主将マテウスに直撃!印象に残った選手は?[現地発]【W杯】

「日本が上だった。後半の戦術は完璧」なぜドイツは森保Jに敗れたのか。元独代表主将マテウスに直撃!印象に残った選手は?[現地発]【W杯】

カテゴリ:日本代表

リカルド・セティオン

2022年11月26日

「決してビッグチームに勝ったわけじゃない」

ドイツ代表でキャプテンも務めたマテウス氏。(C)Getty Images

画像を見る

 1990年のイタリア・ワールドカップで世界チャンピオンに輝いた元ドイツ代表の主将ローター・マテウスとは、旧知の間柄である。彼は母国のTVの仕事でここカタールに来ていた。

 ブラジル対セルビア戦の記者席につながるエレベーターで、偶然彼と一緒になった。日本対ドイツの試合に対する彼の意見を聞きたくて、さっそく質問を投げかけようとした。が、私が口を開きかけるとマテウスはそれを遮り、こう言った。

「君が何をききたいのかはわかっている。ドイツがなんで負けたかだろ?」

 おそらく、何度も尋ねられたのだろう。

「リカルド、君とは昔からの付き合いだ。私が嘘がつけない性分なのは知っているだろ?」

 そう前置きしてマテウスは語り出した。

―――◆―――◆―――
 
「なんでドイツが負けたか。それはあの試合、日本が勝ちに値するプレーをし、ドイツが負けても当然のプレーをしたからだ。日本は伊東(純也)、前田(大然)、南野(拓実)など印象に残るプレーをした選手も多くいたし、後半に用いた戦術は拍手したくなるくらいパーフェクトだった。ボールを持っている時は勇敢で、ボールを持っていない時もマークすることを知っていた。

 一方、ドイツはまるでハイレベルのサッカーを知らないかのような、ひどく凡庸なチームだった。そんなチームがワールドカップで勝つことなどできない。だから日本の喜びに水を差すようですまないが、決してビッグチームに勝ったわけじゃないのだ。

 いわば怪我人相手に勝ったみたいなもんだ。何がドイツチームの『怪我』なのかは、
中の人間じゃないがわからないし、いい加減なことも言いたくない。だがとにかくチームに必要不可欠な大事な要素を欠いていたのは確か。それは『自信』だ。

 この試合に関していえば、日本はドイツより上だった。でもそれは日本の方がチームとして上ってことではない。選手のレベルにしても経験にしてもドイツの方が格段に上だ。その前にサウジアラビアに敗れたアルゼンチンと同じで、調子の悪いビッグチームが、いいプレーするチームに負けた。そういうことだ。

 ただ今後の道のりはアルゼンチンとドイツでは違う。アルゼンチンは残りの2ゲームに勝って、初戦の悪夢を忘れることができるが、ドイツの前にはスペインがいる。道のりは厳しいだろう。とにかく、(グループステージ敗退に終わった)2018年の繰り返しだけはしたくないね。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「ほぼ平愛梨やった」FIFA国際映像に映ってフォロワー急増の美女サポが話題!「めっちゃかわいい」【W杯】
「とりあえず落ち着いて」本田圭佑が長友佑都の“ブラボー”に意見!「あれをいじる奴が代表内にいないのか…」【W杯】
「性格悪い。バカにしたような走り方」本田圭佑、ドイツ代表DFの行為に苦言!【W杯】
「誰かわからんかった」「太りすぎだろ」W杯を観戦する元蘭代表スナイデルの変貌にファン騒然!【W杯】
海外大手紙がGS第1戦のベスト11を発表! 日本代表から堂々選出されたのは? 浅野でも堂安でもなく…【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ