• トップ
  • ニュース一覧
  • コスタリカ戦のスタメンは?|“ボールを握る”展開なら谷口と山根ほどの適役はいない。久保は連戦でも問題ないはず【識者の見解】

コスタリカ戦のスタメンは?|“ボールを握る”展開なら谷口と山根ほどの適役はいない。久保は連戦でも問題ないはず【識者の見解】

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2022年11月26日

左SBは伊藤がチャンスを得るか

河治氏が推奨するコスタリカ戦のスタメン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で、日本は優勝候補のドイツに劇的な逆転勝利を収めた。次の相手は、コスタリカ。連勝がかかる一戦に、森保ジャパンはどんなスタメンで臨むのか。現地取材する河治良幸氏に見解をうかがった。

――◆――◆――

 ドイツ戦の勝利から余勢を駆って、あまりターンオーバーをせずに仕留めにいくほうが良いという見方があるかもしれない。しかし、筆者は最初からコスタリカ戦のベストメンバーが、そのままドイツ戦のメンバーとは考えていない。中3日ということも考えて、過半数のメンバーを入れ替えてくるのではないか。

 システムは、ボールを持つこと、サイドの守備が多くなることを想定して4-1-4-1も考えていたが、現在のバランスを見て、4-2-3-1をベースに、流れの中で可変させていくプランか。

 森保一監督は26人に完全な序列は付けていない。基本的に信頼を置いている主力はいるが、ドイツ戦のスタメンが必ずしも大会を通してのベストメンバーではなく、コスタリカ戦、スペイン戦を想定して26人の構成を見極めたはず。

 もちろん、その先に関しては大会でのパフォーマンスやどの国が相手になるかで変わりうるものだが、グループステージについては勝利が必要か、引き分け以上でOKかという状況の変化はあっても、システムや戦術プラン、選手の組み合わせなど想定をしたなかで、コンディションを見極めて決めるというスタンスではないか。

 コスタリカ戦は勝点3がノルマに近い目標になるなかで、スペインに0-7の大敗を喫した相手がどう出てくるか読みにくいことも含めて難しいが、ボールを握りながら攻勢をかけていく展開にはなるはず。
 
 後ろからのビルドアップが生命線だ。前々日の練習に酒井宏樹と冨安健洋が不参加だったが、そうした事情が無くても筆者は山根視来と谷口彰悟の出番だと想定していた。2人とも単に主力メンバーの控えではなく、コスタリカ戦のファーストチョイスと考えるからこそ、26人のメンバーにも入ったのではないか。

 確かに守備のデュエルや国際経験は欧州組の選手たちのほうが頼もしい。しかし、コスタリカのような徹底した堅守速攻の相手に対して、しっかりとボールを握りながら前に押し出し、守備の隙間を突いていく試合展開で、川崎で継続してその役割を担う2人ほどの適役はいない。

 9月のエクアドル戦や直前のカナダ戦で守備面にやや不安をのぞかせたが、そこもアジャストしてきていると期待してスタメンに推す。左サイドは組み立てとリスク管理の能力を重視して伊藤洋輝がチャンスを得るか。

【W杯PHOTO】30度を超える炎天下の中…コスタリカ戦に向け元気にトレーニングを行う日本代表!
 
【関連記事】
コスタリカ戦のスタメンは?|ボランチは柴崎&守田がベスト。上田と南野の好連係に期待【識者の見解】
「とりあえず落ち着いて」本田圭佑が長友佑都の“ブラボー”に意見!「あれをいじる奴が代表内にいないのか…」【W杯】
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「誰かわからんかった」「太りすぎだろ」W杯を観戦する元蘭代表スナイデルの変貌にファン騒然!【W杯】
開催国カタールが2連敗で屈辱の敗退“第1号”に…「彼らはサポーターにも見放された」と英紙が残酷な光景を紹介!【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ