• トップ
  • ニュース一覧
  • コスタリカ戦のスタメンは?|ボランチは柴崎&守田がベスト。上田と南野の好連係に期待【識者の見解】

コスタリカ戦のスタメンは?|ボランチは柴崎&守田がベスト。上田と南野の好連係に期待【識者の見解】

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2022年11月26日

乗っている守護神を下げる理由はない

元川氏が推奨するコスタリカ戦のスタメン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で、日本は優勝候補のドイツに劇的な逆転勝利を収めた。次の相手は、コスタリカ。連勝がかかる一戦に、森保ジャパンはどんなスタメンで臨むのか。現地取材するフリーライターの元川悦子氏に見解をうかがった。

――◆――◆――

「いつもよりアドレナリンが出て走れたし、中3日のほうがやりやすい」と涼しい顔で言う伊東純也のような選手もいるが、11月23日のドイツ戦に先発した大半のメンバーは、普段以上の消耗を強いられたはず。

 となれば、森保一監督が9月シリーズで強調した通り、ターンオーバーが必須。大幅にメンバーを入れ替えて戦うことになるだろう。

「コスタリカ戦はボランチのところが空くと思っているんで、そこからの背後への動き出しやサイドでの1対1で勝てるかどうかっていうのは重要」と三笘薫が分析していたが、ボランチはゲームを作れる柴崎岳と守田英正がベスト。

 ただ、守田の左ふくらはぎの状態がまだ万全ではないという見方もあるため、その場合は田中碧が入ることになる。

 彼らがしっかりと中盤を組み立て、左右の相馬勇紀、堂安律で打開し、中央の上田綺世で仕留める形ができれば理想的。トップ下に久保建英を頭から起用して、東京五輪メンバーの連係・連動を活かす策もある。そのあたりは森保一監督の判断次第と言っていいだろう。
 
 相手の背後を重視するなら、ドイツ戦で決勝弾の浅野拓磨のスタメン起用も有効だが、17日のカナダ戦の後半に上田と南野拓実の絡みから決定機が生まれた例もある。復調傾向の背番号10、ベルギーで爆発的成長を遂げている上田の良さを活かしつつ、相馬、堂安とのユニットに賭けたいところだ。

 そして、守備陣は酒井宏樹と冨安健洋の欠場が決定的ということで、右SBは山根視来、CBに谷口彰悟という川崎コンビが入る見込み。左SBは伊藤洋輝のスタメンもあり得るが、4人中3枚がW杯初出場選手というのはリスクも高い。そこでスタートは長友佑都に託し、途中から伊藤という最終予選のような起用法で乗り切りたい。

 GKはもちろんドイツ戦MVPの権田修一。ここでシュミット・ダニエルを使っておきたい気もするが、乗っている守護神を下げる理由は見つからない。今回も彼の鋭い反応とシュートストップに大きな期待を寄せたい。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

【W杯PHOTO】30度を超える炎天下の中…コスタリカ戦に向け元気にトレーニングを行う日本代表!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!
 
【関連記事】
コスタリカ戦のスタメンは?|“ボールを握る”展開なら谷口と山根ほどの適役はいない。久保は連戦でも問題ないはず【識者の見解】
「誰かわからんかった」「太りすぎだろ」W杯を観戦する元蘭代表スナイデルの変貌にファン騒然!【W杯】
スペインは10点満点、日本は9点!ドイツとコスタリカはまさかの…英紙が初戦消化時点で採点!「衝撃的な結果があった」【W杯】
開催国カタールが2連敗で屈辱の敗退“第1号”に…「彼らはサポーターにも見放された」と英紙が残酷な光景を紹介!【W杯】
なぜW杯で番狂わせが続く?海外紙が見解!「日本は“ファンタジーのない兵隊”だったが…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ