• トップ
  • ニュース一覧
  • 守田英正の出場は絶望的…運命のドイツ戦、ボランチの最適解は? 遠藤航の状態も判断材料の1つに

守田英正の出場は絶望的…運命のドイツ戦、ボランチの最適解は? 遠藤航の状態も判断材料の1つに

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2022年11月21日

17日のカナダ戦にも帯同せず

別メニュー調整が続く守田。23日のドイツ戦の出場は難しそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 森保ジャパンの集大成となるカタール。ワールドカップ(W杯)。その命運を大きく左右する初戦・ドイツ戦がいよいよ迫ってきた。決戦は大会4日目の11月23日に行なわれる。

 日本代表は19日から4日連続非公開で戦術の落とし込みを行なっているが、20日の練習はグラウンド横のメディアテントまで選手たちの大声が聞こえてきて、かつてない熱気を漂わせた。

 それだけチームのテンションは最高潮に達しているということ。3度目のW杯出場となる酒井宏樹(浦和)も「やるべきことを全て準備しないと良い試合ができない相手ということ」と目をギラつかせていた。

 そんななか、不安要素があるとすれば、ボランチだろう。9月の欧州遠征で遠藤航(シュツットガルト)と組んで絶妙の動きを見せた守田英正(スポルティング・リスボン)の怪我だ。

 左ふくらはぎの違和感を訴え、合流初日だった15日から別メニューが続いているのだ。UAEのドバイで開催された17日のカナダ戦にはもちろん帯同せず、回復に努めていたが、20日になっても最初のランニングにさえ参加できていない。ドイツ戦出場は絶望的と言うしかない。

 ご存じの通り、相手はヨシュア・キミッヒ、レオン・ゴレツカらバイエルンを軸とした中盤を擁し、高度に連動した攻撃を組み立ててくる。

 鎌田大地(フランクフルト)は「彼ら中盤を自由にさせないことが大事」と強調する。2018年のロシアW杯16強戦士の柴崎岳(レガネス)も「ドイツは特に中盤のバトルに強みを持ったチーム。彼らのトランジションを抜けきれるかどうかが1つ、カギになってくると思う」と指摘していた。それを遂行できるベストな組み合わせを目下、森保一監督も必死に探っているところだろう。
 
 布陣は4-2-3-1として、脳震盪から回復途上の遠藤航(シュツットガルト)が出場OKという前提で考えた場合、通常だと田中碧(デュッセルドルフ)とのボランチコンビということになる。

 遠藤はシュツットガルトでバイエルンと何度も対峙しているし、ブンデスリーガ1部の“デュエル王”の実績を引っ提げて堂々と渡り合える自信があるはず。そこは問題ない。しかし、田中のほうはブンデス2部を主戦場としているため、バイエルンレベルの強度や迫力を公式戦で体感していない。その経験不足は確かにある。

 W杯初戦という想像をはるかに超える重圧と緊張感のある試合で、立ち上がりから相手を受けてしまうような格好になれば、日本は狙い通りのハイプレス主体の守備ができなくなる。

 最終予選の天王山、ホームでのオーストラリア戦で値千金の先制弾を叩き出すなど、大舞台に強い田中なら、そんな轍を踏むことはないはずだが、ほんの少し懸念材料があるのもまた事実だ。
 
【関連記事】
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「中東の笛とか言ってすんません」「主審可哀想すぎる」W杯開幕戦の“ゴール取り消し”が日本でも物議!“審判買収”がトレンド入りも…
「チームを見捨てた。無関心を隠さず」開催国カタールのファンの行動に対戦国メディアが痛烈皮肉!「ハーフタイムに外に出て、二度と戻ってこなかった」
「レベチだなー」「まじで上手い」マドリーB中井卓大がU-19日本代表のスペイン戦に先発!披露した華麗なテクニックが反響!
「とても優れた選手で危険」ドイツの守護神ノイアーが名指しで警戒した日本代表戦士は?「テクニックもある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ