「中東の笛とか言ってすんません」「主審可哀想すぎる」W杯開幕戦の“ゴール取り消し”が日本でも物議!“審判買収”がトレンド入りも…

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月21日

「最新テクノロジーでした」「この正確さが得られるとなると納得」

バレンシアのヘッド弾が決まったかに思われたが…。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月20日、カタール・ワールドカップの開幕戦が開催され、エクアドルがホスト国のカタールを2―0で破った。

 この試合で注目を浴びているのが、幻となった先制ゴールだ。開始3分、エクアドルはFKのチャンスに敵ゴール前に上がったDFフェリックス・トーレスが頭で競り合い、そのこぼれ球をミカエル・エストラーダげヘッドで繋ぎ、トーレスが中央へ。待っていたエネル・バレンシアがヘッドでゴールに叩き込んだ。

 しかし、これは半自動オフサイドテクノロジーの結果、トーレスがヘッドで競った際に奥にいたエストラーダの足が出ていたため、オフサイドとなった。

 ただ、肉眼ではどこでオフサイドがあったのか判断するのは極めて難しかった。そのため、主審の判定に批判の声があがり、日本のツイッター上でも「中東の笛」「審判買収」といった言葉がトレンド入りをした。

【動画】「中東の笛」「審判買収」と批判殺到!オフサイドで取り消されたエクアドルのゴール
 ただ、中継・配信映像で半自動オフサイドテクノロジーによってエストラーダの足が出ているCGが映し出されると、次のような声があがった。

「明確なオフサイドだ」
「最新テクノロジーでした。中東の笛とか言ってすんませんでした」
「正確なVARによってゴール取り消しの判断を下したのに中東の笛とか言われる主審可哀想すぎる」
「やばっ!今大会から採用されたオフサイド自動判定機能!TVゲームのように瞬時に判定し、CGで明確に証明できる」
「複雑な事やり過ぎだと思ってたけど、この正確さが得られるとなると納得」

 中東のチームに有利な判定をする“中東の笛”が早くも話題になったが、テクノロジーが導き出した答に納得したファンが多かったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】[半自動オフサイドテクノロジー」が導き出したオフサイドを示すCG
【関連記事】
「ゴールを盗まれた!」「どこがオフサイドなんだ?」W杯開幕戦の得点取り消しにエクアドルのファンが怒り爆発!
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「二度と招集するな。恥だ」日本戦のPK失敗で辛辣批判のエクアドル代表FW、W杯開幕戦の2発で“手のひら返し”の賛辞!「歴史に残る主将」「神か!」
「チームを見捨てた。無関心を隠さず」開催国カタールのファンの行動に対戦国メディアが痛烈皮肉!「ハーフタイムに外に出て、二度と戻ってこなかった」
「とても優れた選手で危険」ドイツの守護神ノイアーが名指しで警戒した日本代表戦士は?「テクニックもある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ