【J1展望】2ndステージ・15節|仙台-G大阪|仙台がホーム最終戦で強敵撃破を狙う

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月24日

仙台――統率のとれた守備ブロック形勢が鍵に。

故障者/仙台=ウイルソン、金園 G大阪=なし
出場停止/仙台=なし G大阪=なし

画像を見る

J1リーグ 2ndステージ・15
ベガルタ仙台 – ガンバ大阪
10月25日(日)/14:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
2ndステージ成績(14節終了時):15位 勝点12 3勝3分8敗 16得点・23失点
年間成績(31試合終了時):12位 勝点35 9勝8分14敗 43得点・43失点
 
【最新チーム事情】
●ターンオーバーを採用した天皇杯3回戦、リーグ戦と無失点で公式戦2連勝。
●「紅白戦で様々な組合せを試した」(渡邉監督)と再びチーム内競争が激化。
●鎌田が出場停止明けで先発復帰の予定。石川直は従来のように左SBで起用か。
●ウイルソン、金園は別メニュー調整。今節の出場は厳しいか。
                          
【担当記者の視点】
 前節・清水戦ではアウェーで貴重な勝点3を積み上げ(○1-0)、“オリジナル10”の一角にトドメを刺しただけでなく、自身の残留を大きく手繰り寄せた。内容は決してチームの目指すサッカーと合致しなかったものの、明確な狙いを持って戦い続ける規律の高さは今後への良い材料となったはず。
 
 今節は、第1ステージ・16節で1-1と勝敗の決しなかったG大阪を迎え撃つことになる。まずやるべきは、1試合をとおして高い集中力を保ち、統率の取れた守備ブロックを形成すること。そのうえで守→攻の切り替えの早さと精度を持続することだ。ここ数試合はボールを奪った後のつなぎに難はあったものの、今週のトレーニングで修正を施しており、期待値は低くない。
 
 G大阪は確かに強敵ではあるが、4日前にACL準決勝を戦ったばかりで疲労は蓄積している。またリーグ戦でのホーム最終戦という点も踏まえれば、今節での勝利が求められるのは必然だ。
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水×仙台|一人ひとりの頑張りがチームに還元されない清水。最後まで噛み合わずJ2降格が決定。
【仙台】指揮官の評価にも満足はせず… 20代の新サイドハーフコンビは先輩コンビを超えられるか
【J1採点&寸評】G大阪×浦和|先発の井手口、途中出場の長沢が存在感。遠藤も2ゴールに絡み、G大阪が因縁の一戦を制す
【G大阪】アジアを制した2008年との決定的な差――それは「超攻撃」のファクター
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】G大阪に欠けていたプレッシャーを撥ね返すたくましさ
【遠藤保仁セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「記憶に残る5つのゲーム」
【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ