日本とまるで違う“アジアの戦い”。慣れない環境でチームを支える山根陸のリーダーに相応しい振る舞い【U-19代表】

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2022年09月18日

3連勝で本大会行きが決まる最終戦へ

U-20アジア杯予選でU-19日本代表のキャプテンを務める山根。これまでの3試合を通じてすっかりリーダーの顔になっている。写真:松尾祐希

画像を見る

 環境は日本とまるで違う。高温多湿で、立っているだけで汗が吹き出てくるし、突然のスコールも珍しくない。その影響で初戦はキックオフが30分遅れ、ウォーミングアップも室内中心で行なうしかなかった。ピッチ外では、食事も日本とは異なる味付けで、必ずしも口に合うわけではない。

 今までの常識が通用しないなか、3連勝を飾った冨樫ジャパンにおいて、欠かせない選手がいる。それが今予選でキャプテンを務めるMF山根陸(横浜)だ。

 9月12日からラオスで行なわれているU-20アジアカップ予選。来年3月に開催される本大会(来年5月のU-20ワールドカップ最終予選を兼ねる)出場を目ざすU-19日本代表は、ラオス(12日/4−0)、グアム(14日/9−0)、パレスチナ(16日/8−0)に勝利し、18日のイエメン戦を引き分け以上で終えれば、グループ1位で本大会行きが決まる。不慣れな環境下でも勝利を重ねてきたチームにおいて、山根はキャプテンとして存在感を発揮している。
 
 山根はここまでの全3試合に出場。ラオス戦とパレスチナ戦では先発で起用され、グアム戦も61分からピッチに立ってゲームを引き締める役割を担った。

 4−3−3ではインサイドハーフやアンカー、4−2−3−1ではダブルボランチの一角に入り、いずれの試合でも冷静なプレーでゲームをコントロール。長短のパスを織り交ぜながらリズムを作り、隙あらば縦パスを入れて攻撃のスイッチを入れる。

 ラオスとの初戦では、1−0で迎えた44分に、インサイドハーフの位置からペナルティエリア内まで入り込んでヘディングシュートを決めた。守備でもチームを助け、何度もセカンドボールを回収。集中力も最後まで切れず、プレーでチームを引っ張る姿が目立った。

 また、ピッチ外でもリーダーとしての役割を全う。“アジアの戦い”を知らない選手に対して、横浜の一員として出場したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で「練習会場はこれよりも酷かった」という経験を踏まえ、体験談を仲間に伝えている。チームのために奔走する姿は、まさにリーダーの振る舞いに相応しい。
 
【関連記事】
「おしゃれなプレーもする」松井大輔がリーグ・アンに推すJリーガー3人!「遅咲きでも活躍できるのを見せてほしい」と期待したのは?
「革命が起きた」途中出場で流れを変えた久保建英を地元紙が激賞!「クレイジーな20分、これで十分だった」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「ほぼ別人じゃねーか」ポルティモネンセGK中村航輔の風貌にファン驚き!「最初わからんかった」
「J3のレベルより低いはずはない」富山の中国代表FW、加入1か月で出番なしに母国メディアが嘆き!「元五輪代表の主将がチラシ配りしかできないのなら…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ