「タケは退団した“キング”の後継者候補だ」久保建英の“知的な2つのプレー”をソシエダ番記者が絶賛!「サッカーIQの高さに賛辞が相次いでいる」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2022年09月01日

何事もなかったかのように練習に参加していたエースが…

エルチェ戦ではメンデスの先制点を引き出す好プレーを見せた久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 こんなことが許されていいわけがない。シーズンが開幕した後も、どうして移籍市場が開いたままなのだろう。

 ヘタフェのキケ・サンチェス・フローレス監督は、ジローナ戦後、「来週もどの選手がとどまり、どの選手が去り、どの選手が加入するか、事態の推移を見守っていくしかない。こんな状況では選手たちは心の平穏を保つことができない。ピッチ内外で不安感が漂い、我々監督にとっては難しい状況だ」と発言した。チームが敗れた(1-3)直後だっただけに、言い訳に聞こえないこともなかったが、その言葉は核心を突いていた。

 移籍市場が開いた中では、主力選手の流出というリスクに常に晒されながら試合を戦うことを余儀なくされる。先週、その不可解な市場原理の犠牲になったのがレアル・ソシエダだ。エースストライカーのアレクサンデル・イサクを7000万ユーロ(約98億円)という破格の金額でニューカッスルに売却してからわずか4日後、アウェーに乗り込みエルチェとのラ・リーガ3節に挑んだ。当然、後釜を探す時間はない。まさに弱肉強食のサバイバルだ。
 

 今回の移籍はとにかく唐突だった。イマノル・アルグアシル監督がその事実を把握したのは、メディアが報じる数分前だったと言われる。ミケル・メリーノは、地元のラジオ局のインタビュー中に知らされた。

 ちなみにその日、イサクは何事もなかったかのように練習に参加していた。そんな中、あっという間に世界中を駆け巡ることになったビッグニュースが“爆弾”投下された。

「他の選手にとってはチームが必要としている時に準備が整っていることを示す良い機会だ。我々の強みの一つが、重要な選手を欠いても、その影響を受けないことだ。なぜならチームに所属する全ての選手が同じように優秀で、同じように準備が整っているからだ」。

 アルグアシル監督が、怪我人が発生した際によく口にする言葉だ。ただ今回、欠いたのはただの選手ではない。イサクはソシエダにとってトランプで言えばキングのような存在だった。チームにおいて不可欠な得点源だった。しかしクラブの金庫を潤わせるために、瞬く間に換金対象となった。7000万ユーロという天文学的なオファーを提示されては、ソシエダとしては受諾する以外の選択肢はなかった。
 

【関連記事】
「シルバと隣?」久保建英、エルチェ遠征時の“バスの座席”にファン注目!「タケさんやっぱりやべえ」
「クレイジーだ、初めて見た」久保建英の“股抜きゴール”が海外で再び脚光!「ギネス記録だろ」
「本当に申し訳ないんですけど…」久保建英が新ユニ発表会でまさかの告白。デザインは「いい意味で驚いた。すごく派手」
久保建英の弟、15歳の瑛史がソシエダ下部組織の試合に出場! PK戦で失敗も「兄を想起させるクオリティを見せた」
「美しすぎて羨ましい」日本代表の新ユニホームが中国で大絶賛!「今年最高のユニホーム候補」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ