フライブルク堂安律が開幕戦で圧巻のリーグ戦今季初ゴール! 加入後公式戦2戦連発、ブンデスでは441日ぶりの得点

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月07日

4-2-3-1の右サイドハーフでプレー

リーグ戦初ゴールを決めた堂安。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏にPSVからブンデスリーガのフライブルクに完全移籍をした堂安律が、リーグ戦初ゴールを決めた。

 現地8月6日に、敵地で行なわれたブンデス第1節のアウクスブルク戦だった。

 4-2-3-1の右サイドハーフでスタメンに名を連ねた堂安に、見せ場がやって来たのは、3-0と3点リードで迎えた78分だった。

【動画】得意の左足を一閃!ブンデス開幕節で堂安が決めた圧巻のミドル弾をチェック
 敵陣中央のペナルティエリアのやや外側で敵のパスミスを収めると、敵DFを身体でブロックして得意の左足を振り抜き、強烈なシュートでネットを揺らしてみせた。

 ブンデスでは、ビーレフェルト時代の21年5月22日に開催された20-21シーズン最終節シュツットガルト戦以来、441日ぶりの得点。フライブルク加入後では、見事なFKを叩き込んだDFBポカール1回戦のカイザースラウテルン戦(7月31日開催)に続いて公式戦2戦連発となった。

 試合はこのまま4-0でフライブルクが快勝を収めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】延長後半、FKから鮮やかな一発!堂安がデビュー戦で奪った決勝点をチェック

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「なんという男だ」強烈弾で2戦連発の堂安律に絶賛の声!「素晴らしい補強だ」
衝撃的惨敗のフランクフルト、4日前に2ゴールの鎌田大地はなぜ起用されなかったのか。「トップフォームだったが…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
「理解できない」久保建英が苦悶した元スペイン代表の激しいタックルを現地メディアが糾弾! 被ファウル数の多さに「クボはサンドバッグになった」
「日本に嘲笑されて恥ずかしくないのか?」日韓戦で“0-3”4連敗の韓国代表、母国メディアの批判は収まらず!「かつては我々を恐れていたのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ