「理解できない」久保建英が苦悶した元スペイン代表の激しいタックルを現地メディアが糾弾! 被ファウル数の多さに「クボはサンドバッグになった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月06日

しばらく立ち上がることができず

ビルバオ戦で厳しいマークを受けた久保。写真:なかしまだいすけ/アフロ

画像を見る

 現地時間8月5日、久保建英が加入したレアル・ソシエダが地元のライバルであるアスレティック・ビルバオとのプレシーズンマッチに挑み、0-1で敗れた。

 開幕前最後のテストマッチで、久保はスタメン出場。4-3-3の右ウイングでプレーした。

 プレシーズンマッチとはいえ、宿敵とのダービー。ソシエダは、ビルバオの激しいプレーに苦しめられる。とりわけ標的となったのが久保で、対峙した敵左SBユーリ・ベルチチェに厳しいマークを受けた。

【動画】ファン興奮! 久保建英と勝負をし、笑顔を見せるダビド・シルバ

 それを嫌ってか、中央寄りでプレーし始めた25分、元スペイン代表MFラウール・ガルシアに深いタックルを受ける。苦悶の表情を浮かべた久保はしばらく立ち上がることができず。大事には至らなかったものの、一歩間違えれば怪我につながりかねない危険なプレーだった。

 ソシエダの地元メディア『Noticias de Gipuzkoa』も、久保の被ファウル数や(ファウルにならない)接触プレーの多さを「クボはサンドバッグになった」と表現。R・ガルシアのチャージについては「理解できないタックル」と糾弾している。

 久保は前半が終わると、主審に何か訴えていたが、こうしたタックルについて話していたのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】厳しいマークを受けながらも奮闘!久保建英が先発したビルバオ戦のハイライト

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【関連記事】
「わずかに目立っていたのはクボだけ」徹底マークに遭った久保建英、地元メディアは数少ない収穫と評価!「上手くプレーしていた」
「ミナミノは?」モナコ南野拓実、リーグ開幕戦の遠征メンバーから外れ現地騒然!欠場の理由は…
衝撃的惨敗のフランクフルト、4日前に2ゴールの鎌田大地はなぜ起用されなかったのか。「トップフォームだったが…」
「俺、好きなんだよね」内田篤人がポルトガル移籍の日本人FWに注目!「鹿島の時、獲ろうよって何回も言っていた」
久保建英のエイバル戦“ベンチ外”が意味するもの。開幕スタメンの可能性は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ