独紙の辛口寸評。1得点・1アシストの香川に「人知れずパスを散らし、創造性に欠けた」とも

カテゴリ:ワールド

山口裕平

2015年09月22日

専門誌『キッカー』の高評価とは裏腹に地元紙の評点は伸びず。

レバークーゼン戦でチーム2点目のゴールを決めた香川。1得点・1アシストの活躍に『キッカー』誌の評価は上々だったが……。(C) Getty Images

画像を見る

 9月19日・20日、ブンデスリーガは5節が行なわれ、日本人選手は7人が先発出場を果たした。現地紙の報道からその活躍を振り返りたい。
 
 チーム、本人ともに絶好調のドルトムントの香川は、リーグ戦の開幕から5試合連続でスタメンに名を連ねた。チームはレバークーゼンに3-0で完勝。この試合にフル出場した香川真司は、19分に先制点をアシストすると後半には自ら追加点を挙げる1ゴール・1アシストの大活躍を見せ、ブンデスリーガ公式HPでこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。
 
 専門誌『キッカー』は香川に、ムヒタリアンと並びチーム最高点タイとなる1.5点の高評価(ドイツは1点が最高、6点が最低)を与え、今季二度目となるベストイレブンとこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに香川を選出した。同誌は香川について「常に危険なポイント」だと高く評価し、「ドルトムントのハイスピードサッカーのターボ」だと称した。
 
 一方、地元紙『ルール・ナハリヒテン』の香川に対する評価は2.5点に留まった。決して低い評価ではないものの、これまでの4試合の香川に対する平均点と同じ評価であり、同紙の最高点はGKビュルキの2.0点であることを考えると評点が伸び悩んだ印象だ。
 
 同紙は香川について「60分間は人知れずパスを散らし、時にクリエイティビティも欠けていた。ボールをゴールにコロコロと転がしてあまり願ってもいなかった結末を手に入れたことで、疲れ知らずのプレーは報われた」と記している。

ハンブルク戦ではほぼ90分間プレーした長谷部だが、大きなインパクトは与えられなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 同じく開幕戦から先発出場を続けているフランクフルトの長谷部誠は、ロスタイムまでプレー。チームはハンブルク相手にスコアレスドローに終わり、順位を8位に落とした。
 
 地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』は「立ち上がりに悪質なファウルでイエローカードをもらい、その後は試合に影響を与えようとした。しかし、それも上手くいかず、腹立たしいことに終盤のCKはラインを割った」と記し、平均的な評価を与えた。
 
 また、他の地元紙『フランクフルター・ノイエ・プレッセ』の評価も平均的なものに留まり、「中盤の右でプレーし、右SBよりは良かったが前節のケルン戦ほどではなかった。試合を通して戦ったが、輝くことはなかった」と記している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ