• トップ
  • ニュース一覧
  • 「衝撃的なダイブ」ネイマールのPK獲得シーンに海外メディアから批判相次ぐ!「彼のキャリアの中でも最悪」

「衝撃的なダイブ」ネイマールのPK獲得シーンに海外メディアから批判相次ぐ!「彼のキャリアの中でも最悪」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェスト編集部

2022年07月26日

「ワールドクラスのダイブ」「親善試合で意味のないPK」

三浦(左)のタックルがネイマール(右)へのファウルを取られたPK獲得シーン。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

“疑惑のPK”に批判の声があがっている。

 パリ・サンジェルマンは7月25日、プレシーズンツアーの最終戦で、ガンバ大阪とパナソニックスタジアム吹田で対戦。6―2で大勝を収めた。

 物議を醸しているのが、ネイマールが獲得し、自ら決めた2点目のPKだ。31分、ペナルティエリアの左寄りでボールをキープしたブラジル代表FWは、左足でクロスを上げようとするも、それを阻止しようとしたG大阪のDF三浦弦太が右足でスライディングをしたのを見て切り返す。その瞬間、三浦の左足がわずかに接触すると、飛び上がって倒れた。三浦は触れてないとアピールしたが、判定はファウルでPKとなった。

 このシーンが海外でも反響を呼んでいる。英メディア『Sport Bible』は「彼のキャリアの中で最悪のダイブをした可能性がある」と苦言。こう批判している。

「ネイマールのPKを獲得した方法は、信じられないほど物議を醸した。ミウラはタックルで着地した後、(ネイマールかた)足を離した。接触があったとして、それは最小限だった。ネイマールは地面に身を投げ出し、苦しんでカメラの前で転がるのを止めなかった」

【動画】「恥ずべき」「クレイジー」と批判殺到!物議を醸しているネイマールのPK獲得シーン
 また、英紙『The SUN』は、「親善試合で意味のないPK」と皮肉。SNS上で、「ワールドクラスのダイブ」「ネイマールに(ダイブを)やめさせろ!これはいったい何だ?」といった声があると紹介した。

 同じく英紙『Daily Mail』は、「恥ずべきダイブだ。ブラジル人は、過去に見たようにピッチに身を投げた」と糾弾。スペイン・メディア『BESOCCER』も「ネイマールの衝撃的なダイブでPKを獲得」と見出しを打った記事を掲載し、「VARがないことを、 ネイマールは最大限に活用した。ボックス内でクレイジーなダイブの後にPKを得た」と非難している。

 これまでも「大袈裟に倒れすぎる」という批判が少なくなかったネイマール。今回も厳しい声が飛んでいるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】パリSG6-2G大阪|”MMN”が揃って得点!圧巻のゴールラッシュでジャパンツアーを締めくくる!

【PHOTO】スター軍団を一目見ようと集まったパリ・サンジェルマンサポーターを特集!
【関連記事】
“怪物”エムバペがユニ交換をしたガンバ戦士は? かつて対戦し、「想像の5倍は上」と脱帽していた…
「守備が怖すぎる」ガンバに6発大勝も…パリSGにまさかの批判!「日本で16位のチームに2失点するなんて」
前半だけで4失点のG大阪、ハーフタイムにメッシとのユニホーム交換に成功した選手は?
【G大阪|パリSG戦の採点&寸評】大量6失点でも東口ら気概を見せた選手の評価は下げにくい。得点に絡んだ6名は高採点に
「大歓迎にお礼を言いたい」6発圧勝のパリSG、フランス代表DFが日本ツアーを振り返る!「暑かったけれど…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ