再開前にチェック! 移籍市場終了で立場は変わった? 欧州日本人選手の現状は――|ブンデスリーガ 長谷部・清武・酒井宏編

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2015年09月11日

長谷部:「便利屋」として使われる難しい状況。

長谷部は器用貧乏に陥らず、クオリティを保っていけるかがポイントだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 代表ウイークを終え、今週末から世界各国で国内リーグが再開するが、欧州ではほとんどの国で、移籍市場が閉まってからの最初のリーグ戦となる。どのクラブも積極的な戦力補強を期限ぎりぎりまで展開。そこで獲得した選手たちの多くが、今週末に初お目見えすることになるだろう。
 
 欧州でプレーする日本人選手は、夏の補強を終えた各クラブで、立場がどのように変化したのだろうか。
 
 ここでは、主要な欧州日本人選手それぞれの現状を紹介するとともに、彼らの今後を展望していこう。
 
――◆――◆――
 
【ブンデスリーガ編】
 
長谷部誠(フランクフルト)
今季成績:3試合・0得点
 
 3節のシュツットガルト戦で今シーズン初となるセントラルMFでの先発出場を果たしたが、ティモシー・チャンドラーの負傷離脱(半月板損傷で全治6週間)に伴い、ふたたび右サイドバックでのプレーを強いられそうだ。
 
 ただ、その右サイドバックにはアレクサンダル・イグニョフスキという選択肢もあり、長谷部が引き続き中盤センターで起用される可能性もある。アルミン・フェー監督から“便利屋”として扱われる難しい状況が続いているが、器用貧乏に陥らずに与えられた持ち場で好アピールできるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ