• トップ
  • ニュース一覧
  • 「完全に中盤を仕切った」井手口陽介の“変貌ぶり”に英メディアも驚嘆!「旗手とは効果的に理解し合っていた」

「完全に中盤を仕切った」井手口陽介の“変貌ぶり”に英メディアも驚嘆!「旗手とは効果的に理解し合っていた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月09日

「最初から最後まで相手を追いかけ回した」

PSMの初戦で好プレーを披露した井手口。(C)Getty Images

画像を見る

 古橋亨梧、前田大然、旗手怜央が躍動し、優勝に貢献した2021-22シーズン、井手口陽介は出場機会を得ることができず、3人の同胞たちの活躍を見守るだけとなった。ファンや地元メディアは、井手口に何ができるのかをまだほとんど目にしていない。

 それだけに、プレシーズン初戦でフル出場した井手口の今後に期待する声も少なくない。オーストリア3部のウィンナー・ヴィクトリアとの親善試合を受け、セルティック専門サイト『THECELTICWAY』は、「中盤で完全に仕切り、冷静で落ち着いているようだった」とその“変貌ぶり”を称賛している。

「タックルが粘り強く、前に出て相手のラインを打ち破ろうという意欲を見せ、ハタテとは適切かつ効果的に理解し合っていた。フレッシュな選手がいたとすれば、それがイデグチだった。最初から最後まで相手を追いかけ回したことが示している」

【動画】PSM初戦で旗手が決めた新シーズン初ゴール
 まだシーズン最初の練習試合が終わったばかりだ。井手口がセルティックで立場を築くために道のりは長い。同メディアは「プレシーズンは試合勘を身につけていき、選手たちの状態を整えて、国内外で厳しく要求されるスピードを高めていくものだが、どの面でもイデグチが欠けていなかったのを見られたのは喜ばしかった」と期待を寄せた。

「イデグチの姿勢とチームに貢献したいという意欲は、熱心に見ていた監督やチームメート、サポーターに印象を残しただろう。まずはポジティブな兆候だ。ただ、まだプレシーズンでしかないのも事実だ。自分の力と才能をみんなに示すための土台を持っていることは確かだろう」

 セルティックは9日にラピド・ウィーンとの次の練習試合に臨む。THECELTICWAYは「(昨季の)出場167分ではどんな評価をするにもまったく十分ではなかった」と、再び井手口に出場機会が訪れ、その力をはかり知ることができるようにと願った。

「彼がどのように成長し、進化していくかをみられるのは興味深い。ラピド・ウィーン戦でも一定の出場機会があるのを願う。イデグチにどんなことができるのか、サポーターは確実に知りたいだろう。イデグチのセルティックでのキャリアは、今から始まる」

 クラブの公式チャンネルで新シーズンに向けて意気込んだ井手口。同胞たちと一緒に羽ばたく姿が見られるように願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「僕は悲しい」本田圭佑が安倍元首相の死去に心中綴る。思い出の写真も公開
「クボが戻ってきて嬉しい」“復帰”の久保建英、マドリー始動日の練習参加が反響!「ゴツくなってる」
「ハタテのプレーはワールドクラス」今季初戦で得点の旗手怜央を現地絶賛!「最優秀選手候補だ」
「今季最も注目している」内田篤人がE-1で“10年ぶりの代表復帰”を激推しするアタッカーは?「森保監督お願いします」
「世界に恥をさらした」中国のファンが嘆き! FIFPROが警告した「移籍しないほうがいい7か国」の“ブラックリスト”入りに衝撃

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ