「天才的ひらめきだ」南野拓実の売却に元イングランド代表戦士が見解!「主力ではないのに…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月02日

「とても良いビジネスだったと証明された」

南野の売却に元イングランド代表守護神が見解を示した。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールで一定の役割をこなした南野拓実だが、ワールドクラスのストライカーがそろう前線で確かな立場を築くには至らなかったことも事実だ。

 2021-22シーズンのリーグカップとFAカップでチーム得点王だった南野だが、トロフィーを獲得した決勝戦では出場機会がなかった。プレミアリーグでの先発出場は1試合にとどまっている。

 それだけに、モナコへの売却は、リバプールにとって良い取引だったとの見方は少なくない。英衛星放送『Sky Sports』は、移籍金が1540万ポンド(約25億1000万円)で、250万ポンド(約4億1000万円)のボーナスがつくと報じていた。

 南野への関心が噂されていたリーズのOBで、元イングランド代表守護神であるポール・ロビンソンも、そういった考えを持つひとりだ。『Football Insider』で、ロビンソンは「天才的なひらめきだったね。彼でかなりそこそこの金を得ることができた」と話している。

「ミナミノはトッププレーヤーだ。ただ、リバプールの前線3枚に割って入っていけるだけでなかったことは明らかだろう。支払った金額を考えれば、モナコから1500万ポンド(約24億8000万円)を得られたのは良いビジネスだ。主力ではない選手でかなりのリターンを得た」

「彼が2試合連続で先発出場した記憶がない。とても良いビジネスだったと証明された」
 
 2019-20シーズン途中にレッドブル・ザルツブルクから獲得したときと比べ、約2倍の移籍金となっただけに、リバプールにとって「良いビジネス」となったことは確かだろう。

 ただ、新天地で南野がさらに飛躍すれば、リバプールはこのタイミングで日本代表アタッカーをこの金額で手放したことを悔やむかもしれない。すべては、モナコでの南野の出来次第だ。

 新たな挑戦に臨むが南野が、市場価値をさらに高める活躍を見せられるように期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】南野の在籍2年半の名シーンを凝縮!リバプールが投稿した惜別動画をチェック

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
南野拓実のモナコでの起用法は? レギュラーでプレーできるのか。仏メディアの見解は…
「驚きを引き起こした」“復帰”の久保建英、マドリーHPに白ユニで登場し現地メディアがざわつく!「通常ではないことだ」
南野拓実は過去にモナコの入団テストを受けていた? 仏紙が驚きの逸話を明かす!「最初は久保建英かと思っていた。でも実は…」
「様々な役割をこなせる選手がいると助かる」南野拓実の“ユーティリティ性”をモナコ指揮官が高評価!「アイデアは尽きない」
「日本はすごく遅れている」吉田麻也が“ずっと言いたかった”育成年代の課題とは?「古い固定概念がはびこっている」 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ