【日本代表】アウェーロードの始まり。アフガニスタン戦の意義は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年09月07日

 なにが起きても不思議はないアウェーロードが、ここから始まる。

カンボジア戦では34本のシュートを放ちながら3得点に止まった日本。今後の対戦相手も守備を固めて来ることが予想される。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

ワールドカップ・アジア2次予選と親善試合のスケジュール
日付 カテゴリー/対戦国(H&A)
15年 9月8日(火) アフガニスタン(A)
   10月8日(木) シリア(A)
10月13日(火) イラン(A)
   11月12日(木) シンガポール(A)
   11月17日(火) カンボジア(A)
16年3月24日(木) アフガニスタン(H)
   3月29日(火) シリア(H)

 9月8日のアフガニスタン戦を皮切りに、日本代表がワールドカップ・アジア2次予選でアウェー4連戦に臨むわけだが、10月13日のイランとの親善試合(会場はアザディ・スタジアム)を含めると怒涛の5連戦という“ハードスケジュール”なのだ。
 
 ハリルホジッチ監督は、アジア2次予選の組分けが決まった際にこう言った。
「我々は、特にアウェーで違うなにかを学ばないといけない。長い距離を移動し、政情不安な国々でも試合をすると思うが、そういう状況下で我々がどのようなキャラクターや決断を持ってできるかにトライしたい」
 
 6月のシンガポール戦、先日のカンボジア戦とアジア2次予選でどこかすっきりしない戦いを続ける日本代表が、停滞ムードを払拭する意味で今回の5連戦はひとつのターニングポイントになるだろう。
 
 たとえ内容が悪くても、勝ち星を積み重ねるだけでチームにもたらされる自信は大きい。相手の力量に関係なく、アウェーで5連勝できればそれだけで計り知れない価値があるというわけだ。ホームでの勝利とはまた“違うなにか”を必ず得られるはずである。
 
 なにしろ、その5試合のうち4つがワールドカップ予選という真剣勝負なのだ。日本代表が最終予選、ひいてはロシア・ワールドカップ本大会に向けてチームを成長させる意味でも、貴重な舞台になるのは間違いない。
 
 そうした観点からすると、9月8日のアフガニスタン戦はかなり重要。イランのアザディ・スタジアムで開催される一戦で快勝し、続くシリア戦(2次予選最大の山場か)に向けて弾みをつけられるかは日本代表の今後を左右するポイントになる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ