• トップ
  • ニュース一覧
  • 「状況が変わった!」E-1選手権で森保Jと対戦する中国、なぜ急にU-23→A代表派遣に方針転換したのか。中メディアが“事情”を明かす「日本の国内エリートに…」

「状況が変わった!」E-1選手権で森保Jと対戦する中国、なぜ急にU-23→A代表派遣に方針転換したのか。中メディアが“事情”を明かす「日本の国内エリートに…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月26日

「東アジアの最高レベルだ」

E-1選手権にフル代表で臨むことになった中国代表。(C)Getty Images

画像を見る

 7月19日に開幕する東アジアE-1選手権で、日本代表は19日に香港、24日に中国、27日に韓国と対戦する。

 森保一監督は先日、このE-1選手権のメンバー構成について次のようにコメントした。

「基本的にはカタールのワールドカップに向けて、メンバーに入っていく可能性のある選手たちで、(選考条件は)J1でレギュラーとして試合に出ているということ。先日、U-23のアジア選手権を戦った選手たちの中からも、A代表に来てもらうリストアップはしている。これまでワールドカップに出場したことがある選手たちは招集しない方向で行こうかなと。全員ではないが、基本的にはそういう方向で考えている」

 一方、第2戦で当たる中国は当初U-23代表チームで大会に臨む予定だったが、急遽フル代表に変更されるという。中国のポータルサイト『捜狐』が、「状況が変わった!」と見出しを打って、『Sports Weekly』のマ・ドクシン記者の情報としてその経緯を説明している。

 まずは、日本と同じ国内組のA代表で臨む韓国が24日に、Kリーグの22~25節のスケジュール延期を発表したことだ。これで国内組のベストメンバーを組むことが可能になった。
 

 また、当初はパリ五輪を目指すU-21代表で参加する可能性もあった日本も、前述の森保監督の発言通り、Jリーグの有力選手が出場することが決定。カタール・ワールドカップの登録メンバーが23→26枠に広がったこともあり、最後のアピールの場となる選手たちのモチベーションも高いと見ているようだ。

「中国サッカー協会は、この大会で結果を出すためにチームの問題を再考する。結局のところ、これは東アジアの最高レベルだ」

 さらに、23日に発表された最新のFIFAランクで、中国は「アジアTOP10」から脱落。これは中国国内でも大きく取り上げられた。記事は「この大会にU-23代表で出場してパフォーマンスが低下した場合、中国のFIFAランクは低下し続ける。発表されたばかりのランキングでは、すでにアジアのトップ10から外れており、78位は過去4年間で最低となっている」と綴っている

 同メディアは「韓国と日本の国内のエリート選手と対戦した場合、U-23代表へのプレッシャーは大き過ぎる」と続けている。ただ、監督はA代表の指揮官就任も取り沙汰されているU-23代表のゾラン・ヤンコビッチが指揮を執るようだ。

 ドタバタで方針を変えた中国は、果たして中国は日韓からポイントを奪うことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】セルジオ越後が日本代表のW杯メンバーを独自選出!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【関連記事】
「なぜ中国の選手はこんな行為をするのか」衝撃の“カンフーキック”に有名コメンテーターが嘆き!「努力してプロになって…」
「あまりに低レベル」中国人GKが1試合に2度の衝撃ミス→屈辱の途中交代に現地騒然!「プロのプレーとは信じがたい」
「今の大迫と久保は選べない」セルジオ越後が選ぶ日本代表のW杯メンバーとは?
「決勝の後、全員でカップラーメンを食べた」中国女子代表主将が衝撃発言、“男女格差”に母国紛糾!「男子は3人のシェフがいて、毎日ナマコを食べているのにか」
「日本は世界一流の仲間入りをする」U-21代表の“2歳上”韓国粉砕に中国衝撃!「他のアジアの国は追いつけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ