選手寿命が伸びているからこそ難しい!マルセロらベテラン選手と決別するタイミングの見極め方

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年06月24日

残留を熱望しながらも契約延長のオファー届かず

今夏のマドリー退団が決定しているマルセロ。退団会見では涙を流す場面も。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーのマルセロをはじめ、バルセロナのダニエウ・アウベス、エスパニョールのディエゴ・ロペスとダビド・ロペス、マジョルカのマノ―ロ・レイナとサルバ・セビージャと、ラ・リーガでは今夏、契約満了で退団するベテラン選手が増えている。

 彼らに共通しているのは、残留を熱望していたにもかかわらず、契約延長のオファーが届かなかったことだ。彼らの所属クラブは、長年の貢献に感謝しながらも、新たな時代に向かうために「決別」を選択している。

 世代交代は決して簡単ではない。それは、前政権がジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケッツ、ジョルディ・アルバらと交わした破格の契約が足かせになり、身動きが取れない現在のバルサを見れば明らかだ。

 一方、その宿敵のマドリーは、クリスチアーノ・ロナウドとラファエル・ヴァランヌを放出し、セルヒオ・ラモスの契約延長を見送った決断が賞賛されている。
 
 こうしたケースから見えるのは、温情主義に陥るよりも、実力主義を貫いたほうが良い結果が出ていること。なかには、引退を撤回したベティスのホアキン・サンチェスのような選手もいるが、あくまで戦力として機能しているからこそ勝ち取っている権利だ。

 トレーニング法や医療の発展で、選手寿命が伸びているのは紛れもない事実だ。しかしだからこそベテラン選手と決別するタイミングの見極め方がますます重要になっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
久保建英に“ゾッコン”の強豪が新天地に浮上!地元紙が報じたマドリーの「レンタル先条件」にも合致「素晴らしい選手になると確信」
「サッカーは辞めない」“重鎮”マルセロ、マドリー退団セレモニーで涙ながらにクラブ愛を語る。ファンからは感謝の声「レジェンド、ありがとう」
「今年も獲ったどぉ」マドリー中井卓大、地元で釣りを楽しむ様子を投稿!「デカい!」「すごい人にガイドしてもらってますね」
バルサへの移籍を希望するB・シウバ。F・デヨング売却に否定的なシャビ監督も「彼を後釜に迎えられるなら」
「とても緊張した」マドリー加入のリュディガー、アイドルとの対面を明かす!アンチェロッティへ“お願い”も「もう1度…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ