元名古屋のジョーが騒動。怪我で欠場した日にバーで大騒ぎ→また電撃退団。“愛人”が妊娠も認めず…代理人は「日本の2クラブと接触」【現地発】

カテゴリ:ワールド

リカルド・セティオン

2022年06月19日

「もうクラブには帰りたくない」

コリンチャンスを自ら退団したジョー。(C)Getty Images

画像を見る

 元ブラジル代表FWのジョーがまた問題を起こしている。

 日本の皆さんは名古屋グランパスとの契約中、無断でブラジルに帰り古巣のコリンチャンスと契約してしまったことを覚えているだろう。そのストライカーが、今度はコリンチャンスに突然“辞表”を突き付けた。

 事の発端は6月8日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ、アウェーでの対クイアバ戦。コリンチャンスは現在パルメイラスと首位争いをしているため一試合一試合が大事だ。しかしジョーは今から10日前くらいに怪我をし、ドクターストップがかかって遠征には帯同しなかった。

 ところが仲間が戦っているまさにその時間、ジョーは数人の仲間とバーに行き、酒を飲み、サンバをうたい、ドラムを叩いて盛り上がっていた。その様子を店にいた一人が動画に撮りSNSにアップしたため、大問題に発展した。動画では彼の後ろでコリンチャンスの試合中継が流れているのだが、彼はまるで興味なさげだった。ついでにコリンチャンスはこの試合に負けたため(0-1)、サポーターは激怒、彼を責める声は一層大きくなった。
 
 かつてのコリンチャンスのキャプテン、ファビオ・ルシアーノもTVのサッカー番組でこのことに言及。「俺が現役だったころは、怪我をしたら薬を飲んで家で安静にしていた。酒を飲むなど言語道断だ」とかなり立腹した様子だった。

 事態を重く見たチームはこの翌日、釈明を求めてジョーをクラブに呼び出したが、彼はこれを無視する。そして音信不通のまま2日が過ぎた後「もうクラブには帰りたくない。今後については自分の代理人と話し合いをしてほしい」という旨のメールをクラブに送ってきた。これにはコリンチャンス幹部も開いた口が塞がらなかった。

 ジョーはコリンチャンスのスターである。下部組織で育ち、2003年、17歳でプロとして最初のゴールを決め、その後どこのチームに移籍しても結局はここに帰ってきた(2003-2005、2017、2020-2022)。合計で289試合をプレーし、そのうちの225試合で勝利し、65ゴールを決めている。2005年、2017年にはブラジルチャンピオンとなり、後者ではリーグ得点王にも輝いている。

 2014年に設立さられたコリンチャンスの新スタジアム、アレーナ・デ・サンパウロで、これまで一番多くのゴールを決めたのもジョーである。彼にとっては一番大事なチームだったはずである
【関連記事】
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
「日本戦は寝そうになった」元柏のブラジル代表OBカレッカに、セレソンと対戦した“日韓の違い”を訊く!「韓国はとても軽快で…」【現地発】
遠藤航がブラジル代表で“凄い”と思った選手は?「ネイマールとか注目されがちだけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ