「サイド攻撃が機能しないと質も量も低下する」日本代表の惨敗をW杯対戦国スペインの記者はどう見たのか。「決して許されないプレーが…」

カテゴリ:日本代表

ダビド・フェルナンデス

2022年06月17日

「皮肉で理解しがたいのは…」

伊東の単独突破からクロスというワンパターンの攻撃の限界をスペイン人記者が指摘した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表は、予想外の厳しい敗戦で6月シリーズの強化試合4連戦を終えた。

 最初の3試合で掴んだ好感触やぱっと見の確実性は、0-3の惨敗劇で消え去ってしまった。森保一監督の下で培っていたはずの強固とは言わないまでも組織的な守備は、吉田麻也がDFリーダーらしからぬ失点に絡むミスを連発しその脆さが浮き彫りとなった。

 皮肉で理解しがたいのは、日本はこのチュニジア戦において大敗という結果を別にすれば、4-1で大勝したパラグアイ戦と同じプレーをしたことだ。おまけに、今回のほうがベストメンバーに近かった。

 格下や同格相手の能動的に振る舞わなければならない試合において、森保ジャパンの攻撃はもっぱら大きな展開とサイドからの突破がメインになる。自ずとインサイドハーフの原口元気と鎌田大地が、縦パスを繰り出す機会は少なくなる。このチュニジア戦でもサイドに展開することと、ゴール前に走り込み味方の折り返しに合わせることが2人の主な仕事だった。

 実際、そのサイドからは左の南野拓実は沈黙気味だったとはいえ、右ウイングの伊東純也がクロスを送り込み続けた。しかし、日本はボックス内で特別なプレゼンスを発揮するフィニッシャーが不在のため、1トップの浅野拓磨を探すシーンは限られ、両インサイドハーフがその役割を担った。
 
 そうしたチームとしての攻撃の特徴は、堂安律のクロスを鎌田がヘッドで合わせた2点目、田中碧がミドルシュートを突き刺した4点目というパラグアイ戦でのゴールシーンを見ても明らかだ。

 チュニジア戦でも伊東からのクロスに鎌田がタイミングが合わずシュートミスをした35分のプレー、板倉滉の縦パスに抜け出した南野が左足でゴールに流し込みネットを揺らすも、オフサイド判定で取り消された41分のプレーという2つの絶好機が示すように攻撃の原理原則は同じだった。しかしパラグアイ戦でプラスに作用した攻撃パターンが今回は何の効果も生み出すことはなかった。

 理由は主に2つある。1つ目は、単純に相手チームが優れていたからだ。チュニジアはワールドカップ出場国に相応しい好チームだった。守備ブロックの構築やオフサイドトラップにおけるDFラインの連携性など戦術的にも細部までこだわっているところが随所に伺われ、その点では例えばパラグアイとは大きく異なっていた。

 2つ目は、その相手の堅い守備に対し、日本は完全に攻めあぐんでしまったことだ。森保監督が用意したレシピは同じだったが、出来上がった料理はパラグアイ戦よりも粗悪なものだったのだ。

 伊東が再三クロスを供給しても味方に合わず、先述した通り南野は冴えないパフォーマンスに終始。サイドバックの長友佑都と伊藤洋輝はともに攻撃面での存在感は希薄だった。
【関連記事】
「愚問です」本田圭佑の“返信”に堂安律が反応!「90分観ていたとしても本田さんは…」
「試合中に指示はないのか」前園真聖が惨敗の日本代表に苦言!「選手に迷いや不安があることが1番良くない」
W杯出場32か国の「優勝確率」をAIが予想! アジア2位の日本は何%? “本命”はFIFAランク1位のブラジルではなく…
三笘薫の言葉が重い…「場当たり的すぎる」森保ジャパンは、W杯までに共通認識を作れるか?
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ