• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ゲームプランが一気に崩れた」城彰二が鎌田大地の“決定機逸”に苦言。周囲との連係も「上手くいっていなかった」と指摘

「ゲームプランが一気に崩れた」城彰二が鎌田大地の“決定機逸”に苦言。周囲との連係も「上手くいっていなかった」と指摘

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月15日

「全然入っていけずクリアされてしまった」

34分の絶好機をモノにできなかった鎌田。城氏は「あれは絶対に決めなければならない」と語る。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 元日本代表FWの城彰二氏が6月14日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』に最新コンテンツを投稿。同日に行なわれた日本代表対チュニジア代表を振り返った。試合は後半にチュニジアが得点を重ね、日本が0-3で敗れた。

 日本は前半からいくつかの得点チャンスを作った。その中で最大の決定機が、34分のシーンだ。右サイドから伊東純也がクロスを入れると、ファーサイドで鎌田大地が反応。フリーの状態だったが、シュートはジャストミートできなかった。

 この場面について城氏は、「決めるべき時に決めなかったのは、ゲームプランが一気に崩れた印象がある」と感想を述べる。雨の影響でピッチがスリッピーになっていた点を考慮しつつ、「彼のレベルだとあれは絶対に決めなければならない」とぴしゃり。

 さらに、39分の伊東が上げたクロスに浅野拓磨がゴール前で競り合い、流れてきたボールに対する鎌田の対応も気になったようだ。

「通常であればたぶん、ディフェンスの前に入って、嗅覚というか、ゴールに向かう姿勢がいつもは出るけど、全然入っていけずに、ディフェンダーにクリアされてしまった」

 城氏は、鎌田は所属先のフランクフルトでは「絶対の信頼度と、何をやるのか周りの選手との連係も非常に取れていて、良い活躍ができる」と評する。一方で「日本代表になると、戦術や選手の配置、自分のポジションが少し変わったりとか。そういう部分があるので、なかなか目に見える結果が残っていない」と語り、周囲とのコンビネーションも「ちょっと上手くいっていなかった」と指摘した。
 
 また、3失点した守備陣については、吉田麻也と板倉滉の連係不足に言及。「ちょっとしたミスで失点してしまうという怖さをよくわかったと思う。本大会でなくて良かった」と振り返った。

 今後については、ワールドカップ前に長期合宿ができない点を懸念。従来とは異なるスケジュールで本番を迎えなければならないだけに、「ぜひ早くメンバーを固定して、積み上げていってほしい」と期待を寄せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】城彰二氏がチュニジア戦を振り返る。CBの連係不足による失点に「本大会でなくて良かった」

【キリンカップPHOTO】日本0ー3チュニジア|まさかの3失点で敗戦…!キリンカップは準優勝に終わる

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
【日本0-3チュニジア|採点&寸評】まさかの完敗。吉田、遠藤らが苦しい出来では…ワールドカップに不安
「この4年間なんだったの…」森保ジャパンがチュニジアに完敗! DFのミスから失点続き、1ゴールも奪えず「吉田マジ勘弁」
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「もう放送するな」日本戦の中継がチュニジアでまさかの遅延!相手国ファンは怒り!「受け入れられない」
「日本が“誇大広告”を失う」惨敗の森保ジャパンをW杯対戦国スペインのメディアはバッサリ!「主将は眠りに落ちた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ