【三浦泰年の情熱地泰】まだ人生は懸かっていない…本番までに必要な体験だった完敗のチュニジア戦

カテゴリ:連載・コラム

三浦泰年

2022年06月15日

監督にとってはW杯に向けて素晴らしい実証実験になった

失点に絡むミスを犯してしまった吉田だが、まだ本番ではない。この敗戦をW杯での勝利につなげたい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 キリンカップサッカー決勝。やっとワールドカップ(W杯)を迎えるために、良い試合になった。

 プロの選手とプロの監督で構成し、W杯グループステージを想定したテストマッチであるのだから、結果は問われるのだろうが、W杯を想定しただけであって本番のW杯ではない。
 
 勝っても勝点3が入った訳ではなく、負けて勝点を失った訳でもない。

 逆にこのようなタイミングになると、日本代表としてW杯のピッチに立つ資質があることをはっきり証明できたか、できなかったかを、言い訳なしで理解できた選手にとっては、良いチャレンジの時間がもらえた試合となった。

 ファン・サポーターも「あの選手を使え」「誰々より誰々の方が良い」などと言いたいことを言えるのだから……良いモノが見れたのではないか?

 勝負にこだわれば、今日の交代策はまた違ったものであったと思う。1点ビハインドで久保と堂安を投入して勝負に出た末にこのような結果になるというAという道と、日本代表のリズムでゲームが進み、結果が逆になるというBという道もイメージできた。

 ファン・サポーターがBという道を想像して久保と堂安の出場機会を待っていたとしたら、そして森保監督が彼らを出場させなかったとしたら……。またこの交代は本番のW杯では采配的中、ズバリとなる可能性もあるし、現時点では他選手との実力の差は明らかだったという残念な見方もできる内容だったかもしれない。

 ただ交代で流れを変えるのは簡単ではなく、あのスピードについていき、チュニジアの守備をこじ開ける役割は容易ではない。

 また守備面でもGKを198cmのシュミットにしたら、ディフェンスラインで何が起きるのか、吉田と板倉を組ませるとどのような事が起きたのか? 起きたネガティブな現象とポジティブな現象を、出場しなかった冨安、谷口であるいはGKが権田で、となればどうなると予測できるのか?

 監督にとってはW杯に向けて素晴らしい実証実験になったのであろう。
 
【関連記事】
南野拓実のトップ下&三笘薫の左ウイング。スタートから試しても良かったのでは?
「なあ。サッカーやるなら上目指せよ」本田圭佑の投稿に森保ジャパン戦士が反応!「日本代表のことでしょうか?」
「手に負えない」完敗の森保ジャパン、中国の人気コメンテーターが“欠点”を指摘!「勝つための最大の障害が…」
「シュートまでのクオリティを上げたい」森保監督が6月シリーズを総括「良い経験になった」という収穫とは?
「衝撃的な判定」「悲劇だ」ゴール取り消しに泣いたニュージーランド、OBも不満爆発!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ