「衝撃的な判定」「悲劇だ」ゴール取り消しに泣いたニュージーランド、OBも不満爆発!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月15日

「ゴールは認められるべき」

このウッドがネットを揺らしたものの、ゴールは認められなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月14日にカタールのドーハで開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフで、オセアニア予選1位のニュージーランドが、北中米・カリブ海予選4位のコスタリカと対戦。開始3分に許したジョエル・キャンベルのゴールが重くのしかかり、0―1で敗れた。

 この試合で物議を醸しているのが39分の判定だ。マシュー・ガーベットのクロスから主砲のクリス・ウッドがネットを揺らしたものの、その前のプレーでガーベットにファウルがあったとして、VAR介入→オンフィールドレビューの末に得点が取り消されたのだ。

 試合後、ニュージーランドのダニー・ヘイ監督は「100%失望した」「FIFAは間違いを犯した」と中東の審判団を選んだ国際サッカー連盟を批判。同国代表のOBたちも、不満の声を上げている。

【動画】ゴール取り消しは妥当? ニュージーランド指揮官が激怒したシーン
 ニュージーランドのメディア『Stuff』によれば、元ニュージーランド代表FWのフレッド・デヨング氏は「悲劇だ」と嘆き、同じく元同国代表GKジェイコブ・スプーンリーは、ガーベットとコスタリカの選手との「接触はわずか」で「衝撃的な判定だ」と糾弾した。

 また、ニュージーランドのウェリントン・フェニックスで活躍し、現在は同国のクライストチャーチ・ユナイテッドで指揮を執る元バルバトス代表FWのポール・イフィル氏も、ファウルを取られたガーベットのプレーは「五分五分」であり、「ゴールは認められるべきだと感じた」と語っている。

 W杯を懸けた一戦での「ゴール取り消し」は、ニュージーランドにとっては、あまりに大きなジャッジとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】途中出場から9分で…ニュージーランドMFが危険なタックルで痛恨の一発レッド

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「100%失望した」POでW杯出場を逃したNZ指揮官、中東審判団のゴール取り消しに激怒!「FIFAは間違いを犯した。この試合を裁くレベルにない」
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「面白くなりそうだ」日本のGS2戦目はコスタリカに決定! 世界中のファンは“混戦”期待「ナバスに苦労しそう」
「ゲームプランが一気に崩れた」城彰二が鎌田大地の“決定機逸”に苦言。周囲との連係も「上手くいっていなかった」と指摘
「日本が“誇大広告”を失う」惨敗の森保ジャパンをW杯対戦国スペインのメディアはバッサリ!「主将は眠りに落ちた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ