「自分のポジションが危うい」吉田麻也はミス連発で危機感、しかし身の振り方すらも…

カテゴリ:日本代表

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2022年06月15日

ミスから3失点全てに絡んだ

チュニジア戦でミスを繰り返して肩を落とす吉田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 6月14日のチュニジア代表とのキリンカップサッカー決勝で0−3の惨敗を喫した日本代表。とりわけ低調だったのが、3失点に絡んだキャプテンの吉田麻也だ。
 
 55分の1失点目は、吉田が不用意なファウルで与えたPKから。板倉滉がカバーに入っていただけに無理にスライディングにいく場面ではなく、このシーンに関しては本人も「シンプルに個人的なミス」と肩を落とした。
 
 また76分の2失点目はロングボールに対して吉田と板倉が中途半端な対応をしたことから生まれ、93分の3失点目も吉田のパスミス&甘い寄せが発端だった。
 
 CBはそもそも失点に関与しやすいポジションとはいえ、いずれも個人的な判断ミスが起因だけに、この日の吉田は失望でしかなかった。
 
 キャプテンだけに簡単に外せる存在ではないが、11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けて「このまま吉田が最終ラインの軸でいいのか?」という議論は今後もちろん出てくるだろう。実際、本人も危機感を口にした。
 
「いくら良いコメントを残そうが、良いアクションをピッチ外でしようが、サッカー選手なのでピッチ上のパフォーマンスが最も影響力が大きいと肝に命じています。それが今日はできなかった。もちろん監督からの信頼は感じますけど、どんな世界でも信頼は積み上げていくのは時間がかかるし大変なのに、とくにサッカーはワンプレーで人生変わるし、信頼を失ってしまう。そのことも重々理解しています」
 
 ワールドカップ・メンバー決定まで日本代表に残された強化試合は9月の2試合のみ。各選手はその最終テストの場に向けてクラブでアピールしたいところだが、吉田の場合はサンプドリアとの契約がこの6月30日で満了し、その延長有無を含めてまだ今後の身の振り方が決まっていない。だからこそ、より一層の危機感を持っている。
 
「ここから9月に向けて、なるべく早く良いチームで試合に出てコンディションを作って万全の状態で臨まないと、自分自身のポジションも危ういのは理解している」
 
 2014年のブラジル・ワールドカップと2018年のロシア・ワールドカップでは、いずれも最終ラインの大黒柱として全試合にフル出場していた吉田だが、カタール・ワールドカップに向けてその足場はかつてないほど揺らいでいる。
 
取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【関連動画】吉田が絡んだチュニジア戦の失点シーン

【PHOTO】日本代表がチュニジア代表にまさかの3失点で敗戦…

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
【日本0-3チュニジア|採点&寸評】まさかの完敗。吉田、遠藤らが苦しい出来では…ワールドカップに不安
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
三笘薫が語った攻撃面の“共有”不足「チームとしてどうやって攻めるか色んなものを持たないといけない」
「受け身になってしまった」森保監督はシステム変更の狙いに反省の弁。「試合前の準備をもっとしなければ」
「自分が決めていれば…」鎌田大地がチャンス逸を反省。一方で「他の選手よりも怖い場所に顔を出せている」と自信も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ