• トップ
  • ニュース一覧
  • 森保J、キリン杯優勝ならず。吉田が全失点に絡むなど、W杯出場国チュニジアに0-3完敗。20年越しのリベンジ許す

森保J、キリン杯優勝ならず。吉田が全失点に絡むなど、W杯出場国チュニジアに0-3完敗。20年越しのリベンジ許す

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月14日

55分、PKで失点

PKで失点し、その後に2失点。キリン杯決勝で日本はチュニジアに0-3で敗れた。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 森保一監督率いる日本代表は6月14日、キリンカップサッカー決勝でチュニジア代表と対戦。タイトルを懸けた一戦で、日本は0-3で敗れた。

 森保ジャパンの先発メンバーは、以下のとおり。GKはシュミット・ダニエル、4バックは長友佑都、板倉滉、吉田麻也、伊藤洋輝、アンカーに遠藤航、インサイドハーフは原口元気と鎌田大地、3トップは伊東純也、浅野拓磨、南野拓実という顔ぶれに。

 前半はスコアボードが動かず。日本は開始早々にピンチを迎えたが、相手のシュートは枠を捉えず。その後、多くのチャンスを作ったなかで、27分に南野、35分には鎌田がそれぞれ決定機を迎えるが、決め切れず。0-0で後半を迎えた。

 51分、伊東のクロスに浅野がニアサイドで飛び込むも、相手のタイトな守備の前にシュートを打つことができない。

 果敢に先制点を狙いにいく日本だが、55分、先制を許す。ロングボールに抜け出したチュニジアのタハ・ヤシン・ケニシを、吉田がボックス内で倒してしまい、PKを献上。これをモハメド・アリ・ベン・ロムダンに決められ、スコアは0-1に。

 ビハインドを背負った日本が反撃に出る。58分、伊東のふわりとしたクロスに、ファーサイドで浅野が思い切りよくオーバーヘッドで狙う。60分に途中出場した三笘薫が、左サイドで持ち前のドリブル突破を仕掛ける。

 日本はさらに、久保建英と堂安律の“東京五輪コンビ”を投入。攻勢を強めてチュニジアゴールに迫るが、76分、2点目を奪われる。相手GKからのロングキックに対し、CBの吉田と板倉が自陣エリア内で処理を誤り、その隙を突かれて、最後はフェルジャニ・サシに叩き込まれた。
 
 苦しい状況に追い込まれた日本は懸命に攻め立てるが、結局、最後まで得点できず、逆にアディショナルタイムに、吉田のパスミスから3失点目。完敗を喫した。

 ちょうど20年前の同日、日本は日韓ワールドカップのグループステージ最終節でチュニジアと対戦。2-0で勝利を収め、初のグループステージ突破を決めている。今回は、カタールW杯の出場権を得ているアフリカの難敵にリベンジされ、キリンカップは準優勝という結果に。

 4試合の強化マッチが組まれた6月シリーズは、これで終了。日本は2日のパラグアイ戦は4-1、6日のブラジル戦は0-1、10日のガーナ戦は4-1、14日のチュニジア戦は0-3と、2勝2敗の成績で代表活動を終えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
【日本0-3チュニジア|採点&寸評】まさかの完敗。吉田、遠藤らが苦しい出来では…ワールドカップに不安
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「なぜ滑ってしまった…」「致命的な判断ミス」日本代表、吉田麻也のPK献上で痛恨の失点。ファンからは厳しい声
「この4年間なんだったの…」森保ジャパンがチュニジアに完敗! DFのミスから失点続き、1ゴールも奪えず「吉田マジ勘弁」
「本当なのか? 2軍ではないのか?」森保ジャパンのチュニジア戦惨敗に中国衝撃!「アジアではトップだが、世界では二流だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ