金田喜稔がガーナ戦を斬る!「またもSBのパスミスから失点…山根はどこに出すつもりだったの? いい加減教訓にしろという話だ」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月11日

改めて上田のポテンシャルの高さを感じた

日本はガーナに4-1で快勝。1失点は山根(2番)の不用意なパスミスから生まれた。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表はキリンカップサッカーの初戦でガーナに4-1と快勝した。まず29分の先制点は、山根の攻撃センスが光った。久保、堂安と連係しながら、敵陣深くに果敢にポジションを取って、出てきたパスから確実に決めきる。まさに川崎でもやっている山根の良さが出て、非常に良い攻撃だった。

 前半は、その山根と堂安と久保の三角形が右サイドで上手く機能していたことで、優位性が作られていた。

 ガーナは守備時に、両ウイングバックが下がって5バックになり、守備を固めてきた。それによって、相手の中盤の脇にスペースができる。そこに堂安と久保が積極的に顔を出し、パス交換しながら前進していくシーンが何度か見られた。東京五輪からともに代表でプレーして築き上げた信頼関係と阿吽の呼吸を感じた。彼ら2人に山根がしっかりとサポートに入っていく。右サイドのコンビネーションは素晴らしかった。
 
 久保と前田のA代表初ゴールも見事だった。2人には本当におめでとうと言ってあげたい。73分の久保の得点はフィニッシュが落ち着いていて、狭いエリアで自分がフリーになれるポジション取りもとても上手かった。

 82分の前田の得点には驚いたよ。裏に抜け出した伊東と最初は並走していたのに、一気にスピードを上げてDFの背後に飛び込み、伊東の折り返しにしっかり追いついた。あの速さには唖然としたね。ガーナのDFも「そこを狙うのか?」って驚いたんじゃないかな。

 そして、センターフォワードで先発した上田の働きも評価したい。

 上田はシュートの積極性があって、この6月シリーズで初めて出番を得たことで強い気持ちを感じたし、シュートのパワーや競り合いの高さなど、改めてポテンシャルの高さを感じた。

 特にポジショニングには目を見張るものがあった。前半アディショナルタイムに三笘のクロスがそのままネットを揺らした得点シーンでは、ゴール前に飛び込んだ上田と堂安がGKの注意を引き付けたことで生まれた。

 さらに久保の得点も、三笘のクロスに対し、ニアサイドに走り込んだ上田が相手を引き付けたことで背後にスペースができ、久保がフリーになれた。もちろん上田は、自分が得点を取ってアピールしたかっただろうけど、常にゴール前で危険なポジションを取っていた点は自信を持っていい。今回の日本の勝利への貢献度の高さは際立っていた。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保の初得点も騒ぐことじゃない。普通は代表に呼ばれないレベル。W杯のレギュラーまで道はまだ遠いよ
【日本4-1ガーナ|採点&寸評】三笘の圧巻の突破力は相変わらず。嬉しい初ゴールの久保、気合十分な堂安らもアピール
「アフリカの大物をあっさり叩きのめした」ガーナに4発圧勝の森保Jに中国衝撃!「羨ましい。我々は10年は追いつかない」
「二度と招集するな」三笘のクロスを痛恨失点のガーナ代表GKに辛辣批判!「どうしていつも彼がスタメンなんだ?」
「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ