心惹かれた“新トリデンテ”の輝き。今後も見たい三笘、久保、堂安の共演【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年06月11日

リズミカルにパスを回す

写真左から堂安、久保、三笘。ガーナ戦で攻撃を引っ張った。撮影:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[キリンカップ]日本 4-1 ガーナ/6月10日/ノエビアスタジアム神戸
 
 今年11月に控えるカタール・ワールドカップに向けた4つの強化試合“6月シリーズ”の第3戦を迎えた森保ジャパンは、ノエビアスタジアム神戸でガーナに4-1で快勝を収めた。

 0-1で敗れた4日前のブラジル戦は多くの課題が浮かび上がるゲームとなったが、この日はミスから失点したとはいえ、危なげなく勝利した。ガーナのパフォーマンスは考慮すべきだが、いくつかの収穫を得られた一戦と言えるだろう。

 アンカーに遠藤航を置き、インサイドハーフに柴崎岳、久保建英を入れた中盤の新たな構成、左右のウイングに入った堂安律、三笘薫のパフォーマンスなど、“新たな色”がピッチを彩った。

 そのなかで、個人的に特に明るい印象を感じたのが、三笘薫、久保、堂安が絡んだ際のコンビネーションだ。
 三笘と堂安は逆サイドに配置されたため、直接的に関わるシーンは少なかったが、高い技術力を持った彼らのパス交換はやはりリズミカルで、見ていて心地が良い。

 堂安は久保との連係について試合後にはこう語った。

「彼(=久保)の特長は理解しているつもりですし、彼が右で張っても僕が中でできるというのは、ふたりで話し合っていました。彼に対する信頼は変わっていないです。今回こうして一緒にピッチに立てるとなってワクワクしていましたし、お互いに良さを引き出し合えていた。お互いそうだと思いますけど、隣にいるとドリブルしなくてもいいというか、ボールを渡して渡して、相手を動かして、自分がボールを持っていなくても、彼を使いながら状況を把握できる。そういう意味ではすごいやりやすいというか、出したい時にいてくれている」

“ドリブルしなくてもいい”という言葉は象徴的。自分たちのリズムで相手の守備を外すことができるからこそ、無理に仕掛けずとも効果的にボールを運ぶことができ、相手の予想を超えるからこそ、ワクワクするような崩しが可能になる。

 彼らを同時出場させるためには、考慮するべき部分も多いだろうが、代表戦で久しぶりに目にした魅惑的なパスワークは、今後もピッチを彩ってくれることを願いたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【キリンカップPHOTO】日本4ー1ガーナ|久保&前田がA代表初ゴール!4発快勝でチュニジアの待つ決勝の舞台へ
 
【PHOTO】ついにA代表初ゴール!ピッチを縦横無尽に駆け回り存在感を発揮した久保建英!

【PHOTO】ノエビアスタジアム神戸に駆けつけた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
【セルジオ越後】久保の初得点も騒ぐことじゃない。普通は代表に呼ばれないレベル。W杯のレギュラーまで道はまだ遠いよ
「このまま一生入らないんじゃないかなと」21歳久保建英、17試合目で待望のA代表初ゴールに安堵! 鎌田のアドバイスが効いた!?
【日本4-1ガーナ|採点&寸評】三笘の圧巻の突破力は相変わらず。嬉しい初ゴールの久保、気合十分な堂安らもアピール
森保J、ガーナに4-1完勝! 久保&前田が代表初ゴール、三笘は1G1Aの活躍ぶり
「オプションがひとつ増えました」森保監督がガーナ戦終盤に試した“3バック”に自信

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ