「まさか日本が危険なプレーを連発するとは」元鹿島指揮官ザーゴは森保ジャパンのブラジル戦をどう見た?「最も印象に残った選手が…」

カテゴリ:日本代表

リカルド・セティオン

2022年06月08日

「日本の疲れ知らずの運動量は素晴らしかった」

ブラジル戦の日本の印象について語ったザーゴ氏。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表は6月6日に国立競技場で行なわれたキリンチャレンジカップ2022で、FIFAランク1位のブラジル代表と対戦。再三ピンチを作られながらもよく耐えていたが、77分にネイマールにPKを決められ、0-1で敗れた。

 この一戦の日本の戦いぶりを、ブラジル側ではどう見ているのか。かつて柏レイソルでプレーし、鹿島アントラーズで指揮も執った元ブラジル代表DFのアントニオ・カルロス・ザーゴ(現クラブ・ボリバル指揮官)に印象を訊いた。

―――◆―――◆―――

 日本対ブラジルの試合を見て、まず何よりも守備に偏った日本のプレーに驚いた。9人、いや時には10人で守り、ただブラジルにゴールをさせないためだけにプレーしているような印象を受けた。

 10人で守ると相手に与えるプレッシャーは大きいが、いつでもそれが成功するわけではない。一度ボールを奪われればカウンターで点を取られる危険性が常にある。それに「絶対に失点したくない」という気持ちがあまりにも強くなると、選手は心理的にナーバスになり、結果としていいプレーができないケースが少なくない。その結果が、ファウルの連発だったのではないだろうか。
 
 敵を困難に陥れる、日本の疲れ知らずの運動量は素晴らしかった。おかげで、ブラジルはトップクラスの強豪を相手にするように対峙するしかなかった。ただ、それを止める日本の武器が、危険なファウルというのはいただけない。

 スタッツではファウル数は19回だったが、私の感覚ではそれ以上だった気がする。こうした危険なプレーをするチームをこれまで何度も見てきたが、まさか日本がそんなプレーを連発するとは思わなかった。これまで、日本は危険なプレーをするようなチームではなかった。

 ブラジルのような強い相手を迎える試合こそ、柔軟に、頭を冷やし、落ち着いて対処していく必要がある。森保(一)監督はそういうことを選手に教えていないのだろうか。ワールドカップでスペインやドイツを相手に戦わなければいけない日本にとっては、一番肝心なところであると私は思う。

【画像】田中碧の激しいプレスにネイマールのショーツが脱げる!反響を呼んでいる“下着丸見え”シーン
【関連記事】
「日本戦は寝そうになった」元柏のブラジル代表OBカレッカに、セレソンと対戦した“日韓の違い”を訊く!「韓国はとても軽快で…」【現地発】
「暴力的なプレーでは日本サッカーは衰退する」セレソンに挑んだ森保Jをブラジル人記者が糾弾!「まるで弱小国のようだった」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「あまり激しく行き過ぎないで」田中碧が猛プレス→ネイマールの“下着丸見え”シーンに海外反響!「ボールを持ちすぎなんだよ」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ