イタリア代表デビュー戦で1アシストの18歳ニョント、移籍市場の注目銘柄に急浮上!ローマ、リヨン、アヤックスなどが関心

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年06月08日

コートジボワール人の両親を持つ

ドイツ戦で右サイドを突破してアシストを記録したニョント。(C)Getty Images

画像を見る

 6月4日にボローニャでUEFAネーションズリーグ2022-23のリーグAグループ3、イタリア対ドイツが行なわれた。この一戦でイタリア代表デビューを飾ったのが、FWウィルフレッド・ニョント(チューリヒ)だ。

 マッテオ・ポリターノ(ナポリ)に代わり右ウイングとして65分に投入されたニョントは、70分にロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)のゴールをアシスト。代表デビュー戦で大きな結果を出して見せた。

 コートジボワール人の両親を持つニョントは、イタリア北部ピエモンテ州のパベーノ出身。2003年11月5日生まれで、地元のサッカークラブを経て2012年にインテルの下部組織に所属。イタリアU-16~U-19代表と年代別の代表に名を連ねるほどの選手だった。

 しかしインテルはプロ契約を見送ったため、ニョントは2020年4月に隣国スイスのチューリヒと3年契約を結んだ。20-21シーズンは16歳でスイス・スーパーリーグにデビューし、26試合出場(先発3試合、途中出場23試合)・1得点という結果を残した。

 2年目の21-22シーズンは33試合(先発9試合・途中出場24試合)で8得点。チューリヒのリーグ制覇に貢献した。この活躍がイタリア代表のロベルト・マンチーニ監督に認められ、6月の代表戦に初招集されたのだ。
 
 ドイツ戦でその名を知らしめたニョントはスピードとドリブルが特長で、ウイングやセカンドトップ、センターフォワードをこなす。そのプレースタイルはマンチェスター・シティのラヒーム・スターリングにも例えられる。

 そんなニョントは、今夏の移籍マーケットでステップアップする可能性がある。18歳の新星には、ローマやフィオレンティーナ、サッスオーロ、ヴェローナ、トリノ、モンツァ(セリエAに昇格)といったイタリア国内クラブの他、ホッフェンハイム、フライブルク、リヨン、モナコ、PSV、アヤックス、アンデルレヒト、ロイヤル・アトワープなども関心を寄せているという。

 一躍脚光を浴びたニョントはこの夏、どんな決断を下すのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】新生ニョントがデビュー戦でいきなりアシスト!1-1で引き分けたイタリア対ドイツのハイライト
【関連記事】
「まさか日本が危険なプレーを連発するとは」元鹿島指揮官ザーゴは森保ジャパンのブラジル戦をどう見た?「最も印象に残った選手が…」
「日本戦は寝そうになった」元柏のブラジル代表OBカレッカに、セレソンと対戦した“日韓の違い”を訊く!「韓国はとても軽快で…」【現地発】
「あまり激しく行き過ぎないで」田中碧が猛プレス→ネイマールの“下着丸見え”シーンに海外反響!「ボールを持ちすぎなんだよ」
“エムバペ王国”となったパリSG、新SDの下で大粛清を計画!10人を一挙放出と現地報道
「俺が監督なら1点は取れた」本田圭佑は森保Jのブラジル戦をどう見た?「特によかった」と評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ