30年目のJリーグ、歴代最強助っ人ベスト5! イニエスタやブラジル主将を抑えての1位は? 特別賞は「日本の指導者は見る目がない」と公言した…

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2022年05月23日

奇跡的なストイコビッチとベンゲルのJリーグでの遭遇

加部氏の“J歴代最強助っ人”トップ5に選出さえた(左から)イニエスタ、ストイコビッチ、ビスマルク。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2022シーズンで節目の30年目を迎えたJリーグ。その長い歴史の中で、数々の偉大なプレーヤーが日本サッカー界を盛り上げてきた。本稿では、日本リーグ時代から長きにわたり、日本サッカーを追い続けてきたスポーツライターの加部究氏が、ファンの記憶にも残る強烈なインパクトを残した“J歴代最強助っ人”を選出。そのベスト5をお届けする。

――◆――◆――

【J歴代最強助っ人 ベスト5】
1位:ドラガン・ストイコビッチ(元名古屋)
2位:ビスマルク(元V川崎、鹿島ほか)
3位:アンドレス・イニエスタ(神戸)
4位:ギド・ブッフバルト(元浦和)
5位:ドゥンガ(元磐田)
 
 タレントの宝庫だった旧ユーゴスラビア屈指のファンタジスタと、欧州でその名が鳴り響く気鋭監督のJリーグでの遭遇は、今後2度と実現しないレベルの奇跡だった。

 1990年イタリア・ワールドカップでの活躍で「次代を担うスター」と世界中に認知されたドラガン・ストイコビッチは、度重なる故障が原因で1994年に名古屋と契約。ゴードン・ミルン指揮下の最初のシーズンは、頻繁に遅刻を繰り返し、体重もオーバー気味でふてくされていたという。

 もしこのまま体制が変わらなかったら、ここでピクシーのサッカー人生は尻すぼみで幕を閉じていたかもしれない。だがチームは極度の不振でリーグのお荷物状態から脱却できず、ミルンを解任して新監督の招へいに動き出す。当初白羽の矢が立ったのはフース・ヒディンクだったが、オランダ代表監督就任の話が浮上して断念。代わりにやってきたのがアーセン・ヴェンゲルだった。

 ヴェンゲルの指揮でストイコビッチもチームも急変貌を遂げた。名古屋は最も刺激的で魅力溢れるサッカーを見せるようになり、その中心にはストイコビッチが君臨した。蘇ってファンの感嘆を引き出す創造性や華麗なテクニックを披露するようになったのは在籍2年目から。だがそれでも、日本のファンは7年間もストイコビッチの妙技を堪能できて、このあいだにピクシーはW杯にもEUROにも出場した。

 正真正銘の天才の凄み、サッカーの楽しさを長期間にわたり体現してくれたという点で歴代最高の助っ人とした。残念だったのは、積み上がったカードのおかげで出場試合数が限定されたことだが、その分、適度な休養が取れたこともコンディショニングの維持に役立ったのかもしれない。
 
【関連記事】
30年目のJリーグ、歴代最強ドリブラーベスト5! 遊び心満載のブラジリアンや川崎の牽引車、浦和の名コンビもランクイン
30年目のJリーグ、歴代最強パサーベスト5! 川崎を象徴した“パスの玉手箱”や磐田の黄金期を支えた名手も
30年目のJリーグ、歴代最強のストライカー5選! 1位はゴール前を最も煌びやかに彩った世界的スター! 唯一ランクインした日本人は?
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ