U-21代表の前に立ちはだかった東京国際大MF落合陸。「プロを経験しながら大学で戦う」なかで抱いた新たな野望

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2022年05月15日

「リズムを作れる存在にはなれると思う」

全日本大学選抜の一員としてU-21代表とのトレーニングマッチに出場した落合。2得点に絡む活躍を披露した。写真:安藤隆人

画像を見る

 2024年のパリ五輪をターゲットに立ち上がったU-21日本代表。来月からウズベキスタンで開催されるU-23アジアカップを控え、5月9日から11日にかけて候補合宿を行なった。

 このキャンプの最終日に組み込まれたトレーニングマッチの相手は全日本大学選抜。試合は35分×2本で行なわれ、1本目は0-0で折り返し、お互いにメンバー総入れ替えで臨んだ2本目は、2-0で全日本大学選抜が勝利を収めた。
【動画】U-21日本代表が全日本大学選抜に敗戦…松木玖生や中島大嘉の出来は?

 この試合でU-21代表の前に立ちはだかったのが、2本目に出場し、2得点に絡んだ全日本大学選抜の10番MF落合陸だ。

 15分、オーバーラップを仕掛けたDF奥田勇斗に絶妙なスルーパスを通す。奥田のシュートは左ポストに当たり、そのこぼれをMF倍井謙が押し込んだ。23分には相手GKのパスミスをMF齊藤聖七が拾うと、落合はすかさず齊藤に近づいてパスを受ける。

「GKが前に出たままだったので冷静に狙った」

 力の抜けたフォームでGKの頭上を破るループシュートを、ゴール左隅に流し込んで追加点を奪ってみせた。

 その後も前線からの激しいプレスでU-21代表のポゼッションを断ち切るなか、落合はトップ下でセカンドボールの回収とインターセプトを狙い、マイボールにすればチャンスを生み出すパスを供給。終始相手の脅威となるプレーをやり続けた。

「大学ではボランチでプレーしていますが、久しぶりのトップ下で自分の良さを出せて、本来やりたいプレーができたと思います。でも、大学に入ってから守備を意識的に取り組むようになったことで、より自分がボールに触れる機会は増えましたし、そうすることでチームの中心というか、リズムを作れる存在にはなれると思いました」
 
 確かな手応えを掴んでいる落合は、1999年5月23日生まれの22歳。大学選抜の中でも最年長で、世代的には大卒1年目の世代に当たる。

 小学校の時から柏レイソルの下部組織一筋でプレーした落合だったが、夢だったトップ昇格は叶わず。高校卒業後に関東リーグのVONDS市原で1年間プレーし、その後、東京国際大学に進学するという異色の経歴の持ち主だ。

 その中で落合はずっと抱いていた夢を決して諦めなかった。昨年、3年生だった落合は東京国際大の悲願だった1部リーグ昇格を優勝と共に4年ぶりに達成。リーグ戦全試合出場に加え、7得点・2アシストと攻撃の中枢を担っていた落合は、この年の10月27日に2023年シーズンからの柏内定を発表。4年越しの夢を叶えた。
 
【関連記事】
U-21日本代表候補を2-0で撃破した全日本大学選抜が強い。守備では広島加入内定DFが、攻撃では柏加入内定MFが活躍
「何時間でも見られる」劇的千金弾を決めたキャプテン遠藤航の胴上げシーンが反響!「レジェンドだ」
「信じられない、神が降臨した!」遠藤航の劇的すぎる“残留決定弾”にファン絶叫!「日本人コンビが最高の瞬間をもたらした!」
森保Jが挑む王国ブラジルの最新序列を徹底解剖! カゼミーロ、フレッジ、L・パケタが中盤のベース、ネイマールの配置は…
「ナイスゴール」「よくやったガク!」柴崎岳が決めた半年ぶり“ダイレクトミドル弾”が反響! 本人は「残り2試合、最後まで戦う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ