古橋亨梧が得点ランク2位タイ浮上の11ゴール目!ニアをぶち抜く鮮烈弾で、戴冠後初戦のセルティックに先制点をもたらす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月14日

クリアミスを拾い、振り向きざまに…

抜群の決定力で公式戦19ゴール目を奪った古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 5月14日に開催されているスコットランド・リーグ最終節で、日本人選手4人が所属するセルティックは、4位のマザーウェルを本拠地セルティック・パークに迎えた。古橋亨梧がCF、前田大然が左ウィングで先発し、井手口陽介はベンチスタート、旗手怜央はメンバー外となった。

 前節に2年ぶり52度目のリーグ制覇を決めたセルティックは、立ち上がりから圧倒的に押し込み、21分に古橋のゴールで試合を動かす。CKのクリアミスをペナルティエリア内で拾うと、冷静に相手をかわし、振り向きざまに右足でニアサイドをぶち抜いた。
 
 エース級の活躍を見せ、戴冠に大きく貢献した日本代表FWは、公式戦33試合で19ゴール目で、リーグ戦に限れば20試合で11ゴール目。13ゴールのレーガン・チャールズクック(ロス・カウンティ)に次ぐ、得点ランキング2位にタイに浮上した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】振り向きざまにニアをぶち抜く!古橋の今季19点目はスーパーゴール!

【動画】「年間ベストゴール賞」を受賞!古橋が決めたリーグカップ決勝の鮮烈弾

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
古橋亨梧が圧巻2発で今季20ゴールに到達!前田大然も先発のセルティックは6発大勝で、ポステコグルー体制1年目を締めくくる
古橋亨梧が前半だけでスーパーゴール2発!今季公式戦20ゴールに到達、リーグ得点ランクも1位まで1点差に肉薄
「なぜミナミノがいないんだ?」ハーランド、マネ、ケイタ…独メディアが選出した“元ザルツブルクのベスト11”、南野拓実の選外が物議!
英BBCがセルティックの日本人トリオを激賞!「古橋はどれだけ得点を量産するんだ?」「旗手と前田は休むことなく…」
「獲得の可能性はある」セルティックの地元メディアが“5人目の日本人”に推すサムライ戦士は? 「最高レベルのパフォーマンスを見せてきた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ