格が違う昌子源。柏戦のパフォーマンスは最高だった【G大阪】

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2022年05月15日

無失点の要因は「最後に左右したのは個のクオリティ」

柏戦で身体を張った昌子源。見事なパフォーマンスだった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 シュート本数はガンバ大阪の6本に対して柏レイソルが18本。3倍のシュートを打ち込まれ続けた劣勢ながらも、ガンバが1-0で柏に勝利した。立役者のひとりはCB昌子源だろう。

 前半から押し込まれたものの、昌子は6分にスライディングで柏のマテウス・サヴィオの決定機を防ぐ。その後もしきりに首を振って立ち位置を修正しながら、相手のクロスを跳ね返した。

 4-4-2から3-4-2-1にシステム変更した後半は、「マークがハッキリした」おかげで昌子のパフォーマンスがさらに向上する。マッチアップした柏の細谷真大に自由を与えず、82分の球際の攻防ではフィジカルで弾き飛ばした。コンディションの良さが垣間見える好プレーだった。

 もっとも、42分にはその細谷に絶好機を与えてしまっているので、柏戦は完璧な出来だったとは言い難い。それでも1対1やエアバトルの強さ、カバーリングやピッチに響いたコーチングなど、持ち合わせているディフェンススキルはやはり最高レベルだった。
 
 無失点の要因は「最後に左右したのは個のクオリティ」だという。そう口にした昌子はもちろん、ビッグセーブで42分のピンチを防いだ一森純、50分に柏の小屋松知哉のシュートをブロックした三浦弦太にも当てはまる言葉だろう。

 やはりガンバは、個の能力が高い選手が揃っているクラブだと、改めて感じさせられた柏戦だった。この日はだいぶ沈黙した攻撃陣も、これまでの試合を含めて評価すれば、シュートセンス抜群のレアンドロ・ペレイラやドリブラーのウェリントン・シウバ、テクニカルな中村仁郎など面白いアタッカーが多い。

 あとは組織として噛み合えば、ガンバは勢いよく上昇気流に乗っていくかもしれない。攻撃に関しては最適解を模索中の様子で改善の余地が大いにあるが、守備は柏戦の後半をきっかけにハマる可能性もあるのではないだろうか。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
「なんか泣けちゃう」土居聖真&昌子源の“親友”2Sが胸アツ!「優しい微笑みが全てを物語ってる」
宇佐美貴史が選ぶJ歴代最強チーム「毎試合『今日は何点取るんやろうな』と予想しながらスタジアムに行った」
「練習の量と強度も低くて…」今野泰幸がG大阪の“J2降格”を回想。立て直しに成功した国内3冠は「健太さんの存在が大きい」
「段々ヤンチャに成長してる」東口順昭、G大阪ジュニアユース時代の“選手証”を公開! 顔写真の変化にファン衝撃
「夫婦円満の秘訣は…」宇佐美貴史が女子アナのダイエット企画にサプライズ出演!トレーニング方法や家族について熱弁

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ