食野亮太郎の“弟・壮磨”が貫く信念。海外で奮闘中の兄を意識せず「常に矢印を自分に向けて」邁進【インタビュー】

カテゴリ:大学

安藤隆人

2022年05月13日

トップ昇格は叶わず。京産大へ進学し1年から出番を掴む

京産大の中軸を担う食野。自慢のドリブルで敵陣を切り裂き、高精度キックで好機を生み出す注目のボランチだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 関西学生リーグ1部において、開幕3連勝で首位を走る京都産業大。好調を維持するチームの中枢を担っているのが、ボランチの3年生MF食野壮磨だ。

 足もとのボールコントロールに秀で、スピードに乗りながら上半身の動きと細かいステップを連動させて相手守備網を切り裂くドリブルを繰り出す。一方でドリブル一辺倒にはならず、左右両足ともに精度の高いキックを駆使して、ドリブルを仕掛けると見せかけて相手の逆を突くパスを出したり、ワンツーからボックス内に侵入してフィニッシュに関わるなど、ゴール前でのアプローチは多彩だ。

 昨季は関西学生リーグ1部のアシスト王に輝いた食野は、今季はゴール量産態勢に入っている。開幕戦の大阪産業大戦でハットトリックを達成。第3節の関西大戦でも中盤の底からドリブルとパスを上手く使い分けて攻撃のリズムを作り出し、13分には中盤の底からFW原田烈志に縦パスを打ち込むと、間髪入れずにゴール前へダッシュ。混戦からのこぼれ球を逃さず決勝点を突き刺した。

 これで今季4ゴール目。得点ランキングで2位につけるなど、まさにチームの絶対的な支柱となっている。
 
 食野という苗字を見てピンとくる人もいるだろう。兄はガンバ大阪からマンチェスター・シティに移籍し、そこからスコットランド1部のハーツ、ポルトガル1部のリオ・アヴェと渡り歩き、現在はエストリル・プライアでプレーしている食野亮太郎だ。

 兄と同じくG大阪Jrユース、ユースと進んだ弟は、兄を追うように高3の時には2種登録されると、2019年3月31日のJ3リーグ・Y.S.C.C.横浜対G大阪U-23の一戦では、兄弟アベック弾を挙げるなど順風満帆なサッカー人生を送っていた。

 しかし、その年の夏に告げられたのは、トップ昇格ができないという事実だった。食野のサッカー人生で、兄と進む道が別れた瞬間でもあった。その後は京産大への進学を決めると、1年から出番を掴み、現在の活躍に至っている。
 
【関連記事】
3連勝のあとに3連敗…青森山田はなぜ苦しんでいるのか。惜敗の前橋育英戦に見る“絶対王者”の現在地
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「えぐいシュート」堂安律が決めた20M強烈ミドル弾が反響!「スーパーゴール!」
U-21日本代表候補を2-0で撃破した全日本大学選抜が強い。守備では広島加入内定DFが、攻撃では柏加入内定MFが活躍
SBで187センチ! 圧倒的な高さに加え、優れた攻撃性能も備える拓殖大2年DF関根大輝は注目必至の逸材だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ