「カマダは幸運を呼び寄せるヒーロー」指揮官や現地メディアが称賛する鎌田大地。フランクフルトをEL決勝に導けるか【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2022年05月05日

ブンデスリーガとELの戦い方の違いは?

敵地でのウェストハム戦で決勝点を挙げた鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガでは中位にいるフランクフルトがあと1試合でヨーロッパリーグ(EL)決勝にたどり着けるチャンスを手にしている。

 プレミアリーグのウェストハムとの準決勝ファーストレグを2-1と先勝したことで、大観衆のサポーターがバックに控えるホームでのセカンドレグでは、大きなアドバンテージをもって試合に臨むことができる。

 フランクフルトは2018-19シーズンに勝ち得た経験が大きい。「強い意志をもって全精力を引き出して立ち向かえば、あらゆることが可能なんだ」という経験が、間違いなく選手の力となっている。そして、この大会を心の底から楽しみ、心の底から勝ちたいと願い、心の底からチームを応援してくれるファンがさらなる力をもたらしてくれるのだ。

【動画】ELの週間MVPに選出! 鎌田が準決勝で決めた値千金の決勝ゴール
 フランクフルトのファンがロンドンで手に入れることができたチケットは3000枚。それでもロンドンまで飛んだファンは1万人以上いたという。たとえスタジアムで試合を見られなくても、その地まで渡り、可能な限り近くからチームのために声援を送るために。

 とはいえ、気持ちだけで勝てるほどサッカーは甘くはない。フランクフルトにはオリバー・グラスナー監督とともに築き上げた戦術がそこにはある。ウェストハムだけではなく、バルセロナといったヨーロッパのトップチーム相手に、相手の長所を消し去る術を見いだせているのは大きい。

 ブンデスリーガを見ていると、フランクフルトは自陣で戦術的に規律正しく守ってくるチーム相手にチャンスをうまくクリエイトできずに苦しむことが少なくない。そして不用意なボールロストからカウンターを許し、失点を重ねるというシーンが散見されている。

 ただ、ELでは立場が逆だ。相手がボールを持ち、フランクフルトが守りから入るという展開が多い。前線から相手のパスの出しどころを消しながら、誘導し、鋭い出足と妥協なきチャージでボールを奪取し、奪うやいなや素早い攻撃でゴールを強襲するという、自分たちの特徴を思う存分出せるかみ合わせになっている。
 
【関連記事】
「欧州カップ戦で唯一輝くアジアのスターなのに…」躍動する鎌田大地の森保ジャパン未招集に海外驚き!「日本代表から姿が消えた」
「十分に通用するはずだ」鎌田大地のプレミア移籍に英国人記者が太鼓判!「3年前の南野を思い出した」【現地発】
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
「本物になるか、ならないか」W杯で期待する森保J戦士は? 松井大輔と大久保嘉人が同じ選手を回答!「日本を背負って行くんじゃないかな」
「クソ、やめろバカ野郎!」メッシも“宿敵”マドリーの歴史的大逆転に驚愕! 親友アグエロが暴露「こんなのありえない!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ