【J1採点&寸評】鹿島3-1磐田|これぞエースの活躍! MOMは2得点の上田、磐田の先発FWは厳しい評価に

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年05月03日

鹿島のプレスバックが冴える

【警告】鹿島=なし 磐田=R・グラッサ(85分)【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】上田綺世(鹿島)

画像を見る

[J1第11節]鹿島2-0磐田/5月3日/県立カシマサッカースタジアム

【鹿島|採点】
スタメン)
GK
クォン・スンテ 6
DF
常本佳吾 6.5
関川郁万 6.5
三竿健斗 6.5
安西幸輝 6.5
MF
樋口雄太 7
和泉竜司 6.5(72分OUT)
松村優太 6.5(81分OUT)
アルトゥール・カイキ 6.5
FW
上田綺世 7(87分OUT)[MAN OF THE MATCH]
鈴木優磨 6.5(72分OUT)

途中出場)
MFディエゴ・ピトゥカ 6(72分IN)
MFファン・アラーノ 6(72分IN)
MF土居聖真 ―(81分IN)
FW染野唯月 ―(87分IN)
監督)
レネ・ヴァイラー 6.5
 
【鹿島|寸評】
 前半は、理想のゲーム運びで相手を圧倒した。後半はシステムを変化させながら対策を打ってきた磐田に押し込まれる時間帯もあったが、上田のゴールで突き放し、余裕を持ってゲームを締めくくった。

 特に効果的だったのは、プレスバックとロングボール。鈴木優や、樋口が高い位置で即時奪還し、波状攻撃を生み出す。攻め急ぎカウンターを受けることが多かったこれまでの試合の反省も生かし、最終ラインの三竿を中心にボールを落ち着ける場面もあった。さらに三竿と関川は主に対角線を狙ったロングボールを次々と通し、攻撃の起点としても機能した。2戦連続でスタメンの松村、ボランチで起用された和泉らも強みを生かし、1失点は許したものの、完勝と言える内容だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
上田綺世が圧巻2発! A・ カイキはヘッドで1得点、首位鹿島が磐田に3-1完勝!
「雰囲気は見事」鹿島のスイス人指揮官が母国メディアで自軍のファンを称賛!「スコアがどうであれ応援を決して止めない」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
「ついにキターー」「みんな待ってた」松木玖生が待望のプロ初ゴール! 相手のミスを突いた冷静沈着な一撃にファン興奮
「スーペルゴラッソだ」「何回見てもかっけえ」鳥栖・藤田直之が古巣相手に突き刺した“弾丸ミドル弾”に反響!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ