【鹿島】逆転勝利の立役者! 2ゴールの土居が語る好調の理由

カテゴリ:Jリーグ

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年08月17日

「早い時間帯に失点しても、誰も下を向かなかった」

「外から見ていて分析もできますし、最後のほうだと相手の足も止まっているので、自分のスピードや仕掛けが生きてくる」。その分析どおりの鋭い動きで、仙台戦では2ゴールを挙げた。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 80分に途中出場し、2ゴールを決めた土居は謙虚に言った。
 
「チームの勝点3につながる仕事ができたのは、本当に良かった」
 
 ホームで仙台を下した鹿島は、これで4連勝。石井監督の就任以降、破竹の勢いで勝点を重ね、7節終了時点で第2ステージ首位に立った。
 
 つい1か月前に、降格圏に沈む清水や松本に苦戦していたのが嘘のようだ。この好調の要因はどこにあるのか。逆転劇の立役者は続けた。
 
「みんなの意識だと思います。どんな状況でも勝ちを諦めない。今日だったら早い時間に失点しましたが、誰も下を向かなかったし、そういう意識のところはすごく大きな変化だと感じています」
 
 電撃的な監督交代から、確かに選手たちの意識は変わった。トニーニョ・セレーゾ前体制下でも「勝ちを諦めない」気持ちは持っていたが、上手くピッチに還元できていなかったのだろう。「オンとオフの切り替えは、前よりもさらに。特にオンのところでの集中力は良くなったと感じます」と土居も心境の変化を感じている。

 監督交代によって、土居は“不動のスタメン”からベンチスタートの“切り札”に立ち位置を変えた。いわゆるスタメン落ちだ。しかし、このアタッカーは決して悲観していない。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島×仙台|0-2から逆転勝利! 好調・鹿島が広島を抜いて首位に!
【鹿島】石井監督の初手は“スライディング解禁”。意識改革で守備をテコ入れする
【鹿島】常勝軍団の復活を託された石井新監督 クラブ史上二人目の日本人指揮官がテーマに掲げたもの
【FC東京】老獪に映った“宇佐美封じ”。森重のテクニカルファウルは値千金だった
【広島】スタメン復帰の塩谷を襲った“試練”とわずかな光明

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ