「トミヤスはどれだけ好かれているんだ」冨安健洋の復帰戦で英国人記者が驚いたファンの行動とは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2022年04月28日

「ソアレスはとても頼りなく見えた」

約3か月ぶりに実戦復帰したユナイテッド戦で、いきなりファンを沸かせた冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 4月23日に行なわれた、エミレーツスタジアムでのアーセナル対マンチェスター・ユナイテッドを取材した。

 かつて、この2チームは、イングランドの「トップ2」に長らく君臨していた。だが、現在は4位の座を争っている。

 ユナイテッドのロイ・キーンとアーセナルのパトリック・ヴィエラがライバル心を剥き出しにして、ピッチで戦っていたのが懐かしい。サー・アレックス・ファーガソンとアーセン・ヴェンゲルの両指揮官も、ピッチの外で激しく衝突していた。

 プレミアリーグを制するためには、この相手を倒さなければならない――。その気持ちがよく表われていた。

 現在は、アーセナルは少し復調傾向にあるとはいえタイトルから遠ざかり、ユナイテッドは酷い時期を迎えている。雰囲気も随分と変わった。かつては選手とファンの間に憎しみ・緊張があったが、すっかりそれが和らいでいる。

ファーガソンやヴェンゲルの時代では決してなかっただろう悪質なタックルの後で、倒れた相手選手に手を差し伸べることさえある。

 この試合では、アーセナルのファンが、相手のエースであるクリスチアーノ・ロナウドに対し、背番号にちなんで7分に拍手を贈った。産まれたばかりの子どもを亡くしたからだ。これは素晴らしい振る舞いだった。だが、C・ロナウドが先制点を決めた時には、さすがに拍手はなかった。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 故障離脱していた冨安健洋が不在の間、代役としてよくプレーしていたセドリク・ソアレスは、しかしこのゲームではとても頼りなく見えた。そのポルトガル代表に代わって試合終了間際に登場した冨安が、いきなり印象的なプレーを見せたのとは対照的だった。冨安がスタメン復帰するのも、時間の問題だろう。

 それにしても、冨安がピッチに入った際のファンの反応には驚かされた。凄まじい歓声と拍手を浴びたのだ。そして、いきなりボールを持って持ち上がると、C・ロナウドのファウルを誘発。世界最高の選手のひとりに、イエローカードを出させた。

 この一連のプレーにも、ファンは大声援。冨安はどれだけアーセナルのファンに好かれているのか。このシーンだけでも、それがよく伝わってきた。

 結局、試合はアーセナルが3-1で快勝。以前のライバル対決のように記憶に残るような試合ではなかったものの、4位を目指すガナーズにとっては会心の勝利だった。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

【動画】ファンも大声援!途中出場から1分でC・ロナウドを翻弄→イエローカードを誘発する冨安

【画像】「ピッチに戻れてとても嬉しい」復帰した冨安が思いを綴った投
【関連記事】
「右SBを狙う意味が分からない」冨安健洋の“ライバル探し”をするアーセナルに英メディアが苦言!「トミヤスが印象的な活躍を見せたのに…」
「トミの復帰は素晴らしい!4位になれる」冨安健洋の帰還に元アーセナル主将が歓喜! 代役にはバッサリ「彼では怖かった」
「なぜ日本なのか」セレソン対森保Jの強化試合にブラジル人記者が苦言! 国内紛糾の一戦が組まれた背景とは?【現地発】
「理想的な新天地となるかもしれない」南野拓実、“超金満”二―カッスル移籍の可能性を現地報道!10番の後釜候補か
「またACLで悲劇!」浦和の6発圧勝に中国メディアがなぜ歓喜?「我々のサッカーはジョークだと言われたが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ