自陣ペナ手前で味方の腕付近にボール直撃→ハンドをアピール…マンU主将の不可解行動が話題沸騰!「絶対的なコメディー」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月10日

自らの身体に当たるディフレクションで失点した直後に…

ことごとく空回りに終わったマグワイア。(C)Getty Images

画像を見る

 ハリー・マグワイアにとって、まさに踏んだり蹴ったりの1日となった。

 4月9日に開催されたプレミアリーグ第32節で、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンと敵地で対戦。27分にアンソニー・ゴードンのシュートが、マグワイアに当たってコースが変わる不運な形で先制を許すと、その1点を最後まで返せず。残留を争う相手に痛恨の黒星を喫し、チャンピオンズ・リーグの出場権獲得はさらに困難となった。
【動画】ハンドアピールの2分前、相手のシュートがマグワイアの身体をかすめ…

 この一戦において、ユナイテッドのキャプテンが失点シーン以外で、もうひとつ注目を集めたのが、直後の29分だ。自陣ペナルティエリア手前で、ゴードンのヘッドがチームメイトのネマニャ・マティッチの腕付近に直撃。するとなぜか、マグワイアは手を挙げ、ハンドをアピールしたのだ。なお、マティッチ自身はノーハンドを訴えるも、主審はこのプレーで笛を吹いている。

 反射的なものなのか、マティッチの腕をエバートンの選手のものと勘違いしたのか。真意はまったくの不明だが、自らピンチを誘発する行為は、ツイッター上で話題沸騰となっている。
【画像】反射的に?勘違い?マグワイアの理解不能なハンドアピール
「なんでマグワイアまでアピールしてんねん」
「ディフレクションは仕方ないにしても、味方のハンドアピールは本当に謎」
「私は混乱しています」
「絶対的なコメディー」
「この男にはお手上げだ」
「歩く災害」
「キャプテンの鑑だな」
「彼はピエロではない。彼こそサーカスだ」

 泣いても笑っても今シーズンは残り7試合。マグワイアは自身とチームを立て直すことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「息子は傷つき、ショックを受けていた」激昂したC・ロナウド、少年のスマホを叩き落とす愚行を謝罪。被害者の母親は怒り!「初めてのサッカー観戦だったのに…」
「最高のタケだった」途中出場で流れを変えた久保建英を“先発外し”のアギーレ新監督が称賛!「彼に満足している」
「お前くたばれ」松井大輔が“世界最高峰FW”との衝撃エピソードを明かす! フランス時代に暴言を吐かれた17歳とは?
「認識できない」引退から3年…元オランダ代表スナイデルの激太りに世界驚愕!120キロとの報道も。「衝撃的な変化だ」
「この悪魔と一緒に暮らせるのか?」ウクライナ代表ジンチェンコの妻が、ロシア兵の略奪と戦利品として受け取る嫁たちを糾弾「子供から奪った物でも…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ