【連載】現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「調子は下降線…ブンデス開幕戦の先発は微妙な状況だ」

カテゴリ:ワールド

マルクス・バーク

2015年08月12日

ヴォルフスベルガー戦の採点はチーム最低の「4」

キャンプからの疲れか、このところの調子は下降気味。ブンデス開幕に先駆けて行なわれたDFBカップ1回戦では出番がなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ドルトムント復帰2年目の今シーズン、香川真司は完全復活を遂げられるだろうか。ドルトムントというクラブを知り尽くしたベテランのマルクス・バーク記者が、週一回のこのコラムで香川の「いま」をお届けする。
 
――◆――◆――
 
 0-0で迎えた41分だった。敵陣のペナルティエリア手前でこぼれ球を拾った香川真司がDF3人をかわし、ゴールネットを揺らす――。
 
 歓喜の表情を浮かべたものの、すぐに異変に気付く。主審はオフサイドポジションにいたピーエル=エメリク・オーバメヤンが一連のプレーに関与していたと判断し、香川のゴールを取り消したのである。
 
 ヨーロッパリーグ予選3回戦、ヴォルフスベルガー(オーストリア)戦の第2レグ(8月6日)で見られたこのシーンは、今夏のここまでの香川を象徴している。
 
 たしかにプレシーズンの序盤は良い印象を残した。7月のアジアツアーでは2試合で3得点をマーク。トーマス・トゥヘル新監督の下、躍動感溢れるかつての姿を取り戻したかと思われた。
 
 しかし、熱はすぐに冷めた。アジアツアー後の試合では、低調なパフォーマンスに終始。本来の輝きを見せたのは2アシストを記録したルツェルン戦(7月21日)と後半から出場したユベントス戦(7月25日)くらいで、DFBカップ1回戦のケムニッツ戦(8月9日)に至っては出番すら与えられなかった。
 
 不動の存在であるマルコ・ロイスと絶好調のヘンリク・ムヒタリアンはほぼレギュラー当確で、香川は残る2列目の「1枠」を巡って、ヨナス・ホフマン、ヤコブ・ブワシュチコフスキ、ケビン・カンプルらと争わなければならない。
 
 ポテンシャルを考えれば香川が頭ひとつ抜けているが、そこまでの差を見せつけられていないのが現状だ。特にがっかりしたのが、前述した8月6日のヴォルフスベルガー戦。専門誌『キッカー』は、65分までプレーした香川にチーム最低となる4点(1点が最高、6点が最低)をつけた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ