• トップ
  • ニュース一覧
  • 【東アジアカップ】中国戦予想スタメン/最終戦はテストを優先? 東口や丹羽らが代表デビューか

【東アジアカップ】中国戦予想スタメン/最終戦はテストを優先? 東口や丹羽らが代表デビューか

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年08月09日

「私を批判してください」。指揮官の発言は、予防線ともとれる。

中国戦の予想スタメン。前線には川又、宇佐美、武藤が第1戦以来の先発メンバーに名を連ねそうだ。

画像を見る

 台風が近づいている影響か、いつもより風が強かった。日差しも普段より弱く、空には珍しく厚い雲が立ち込めている。そんな17時30分頃に始まった前日練習は急遽、冒頭20程度でクローズされた。非公開は中国に渡ってから初だ。
 
「先ほどタクティックの練習をして、情報を彼らに伝えました。10分や15分のエクササイズで本当にたくさんのことを伝えなくてはいけないので、それはできませんが」
 
 相変わらず準備期間の短さをボヤくハリルホジッチ監督が明かすように、練習では「タクティック」の手ほどきがされたようだ。詳細は分からないものの、中国対策を落とし込んだのは間違いないだろう。続けて指揮官は「毎試合、選手を変えていますので、次も新しい選手が出る可能性はあります」と中国戦のスタメンについても示唆した。
 
 テストなのか、それとも勝ちにこだわるのか。どちらを優先するかによって、スタメンの顔ぶれは変わる。テストを優先させるなら、これまで出番のなかった選手たちをスタメンに抜擢する。逆に勝ちを優先するなら、韓国戦で安定感を取り戻した最終ラインは手を加えないといった具合に。
 
 とはいえ、指揮官の言葉から察するに、前者を選ぶ可能性が高いようだ。
 
「今回のメンバーが、日本代表のベストメンバーではありません。日本代表にとってベストなチームを探している段階です。我々の難しい状況を少し理解していただいて、そのうえで私を批判してください。すべて私の責任なので、私への批判は問題ありません」
 
 選手ではなく、「私への批判」を強調した点を予防線と捉えれば、スタメンの顔ぶれは見えてくる。今回のメンバーで出場機会を与えられていないのは、東口、六反、水本、丹羽、米倉、米本の6人。彼らの多くが、先発に名を連ねる可能性があるということだ。
 
 この6人のうち、中国戦に抜擢されると思われるのは4人だ。GK東口とCB丹羽、右SB米倉とボランチの米本である。
 
 彼らをスタメンに予想した根拠は、チームの内の序列だ。GKの東口とCBの丹羽は先日のワールドカップ予選・シンガポール戦から継続での選出で、初代表の六反や3月以来の復帰だった水本よりも指揮官の覚えが良い。米倉と米本は、すでにライバルたちがチャンスを与えられているため、お鉢が回ってくる形だ。
 
 その他のメンバーでは、出場時間が比較的少ない宇佐美や浅野、2試合連続で一定以上のパフォーマンスを披露していた山口あたりが入るだろう。また、中国の高さ対策として、韓国戦で長身FWを押さえ込んだ槙野もスタメンに名を連ねそうだ。

ハリルホジッチ監督は再び先発メンバーを大きく変えるようだ。丹羽、東口らが今大会初出場となるのか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】チャレンジする集団になっていない。「ハリル劇場」が危うくなってきた
【韓国メディアの反応】“日本は怖がっていた”との評価に加え、スタイルの変化に驚きの論調も
【東アジアカップ】金田喜稔が韓国戦を分析|本来のコンセプトを失い、“負の連鎖”に迷い込む
【東アジアカップ】中国戦の前日練習を終えて――西川「戦術的なことを少し練習できて、どういう戦いをすべきか、みんなで必死に監督の話を聞いていた」
【東アジアカップ】“ラッキーボーイ”では終わらない。武藤が中国戦で大会2点目を狙う!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ